TOP > 上映中の映画作品を探す > 宇能鴻一郎の看護婦寮

男子禁制をきびしくまもる看護婦寮で繰り広げられる狂態、痴態を描く宇能鴻一郎の原作の映画化。脚本は「金曜日の寝室」の桂千穂、監督は「黒薔薇夫人」の西村昭五郎、撮影は「襲え!」の山崎善弘がそれぞれ担当。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

彼女は新米の看護婦。先輩のいびりにもめげず、多忙な毎日を送っています。ある日、ぴったりくっついて離れない男の人と女の人が運ばれてきました。びっくりすると同時に興奮した彼女、つい我慢できなくなってしまいます。退院を明日に控えた吉田さんは彼女の白衣姿に奮い立っています、彼女の方も満更でもなさそう。仕事で疲れた彼女は変な夢を見ました。それは、先輩より先にお風呂に入った罪に、お風呂場で悪戯されるんです。それから山川社長婦人の診察のとき、彼女の身体のなかからウインナーがぞろぞろ。遊んでばかりの院長の息子の圭一さん、女子高校生の処女膜検査と聞いて俄然張り切り出して、診察室へ一目散。そこへ院長先生も加わってメチャクチャ。入院中の教師の渡辺さんやおそば屋さんたちも変なことばかりするんです。刺激された仲間の看護婦さんは白衣を脱ぎ捨てスキンシップを始めます。どうしてこんな夢ばかり見るんでしょう。そのとき、けたたましい電話の音で目覚めました。吉田さんからのデートの誘いです。吉田さんとはとっても息があいます。大好きな吉田さんから「結婚しよう」って言われて彼女は天使のように飛んでるんです。

作品データ

製作年 1978年
製作国 日本
配給 にっかつ
上映時間 65
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

製作 栗林茂
企画 進藤貴美男
原作 宇能鴻一郎
脚本 桂千穂
監督 西村昭五郎
撮影 山崎善弘
美術 川船夏夫
録音 高橋三郎
照明 高島正博
スチール 目黒祐司
編集 西村豊治
助監督 浅田真男
制作補 遠山茂

キャスト

あたし 原悦子
女医先生 宮井えりな
山川万代 岡本麗
女子高校生 日野繭子
岸部薫 中島葵
日原眸 飯田紅子
峰昌 あきじゅん
吉田昭 本田博太郎
院長先生 坂本長利
圭一 小見山玉樹
山川社長 丹古母鬼馬二
田中 影山英俊
そば屋 高橋明
中学教師 高山彰
急患の男 庄司三郎
急患の女 森みどり
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/20更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 宇能鴻一郎の看護婦寮