映画-Movie Walker > 作品を探す > トラック野郎 突撃一番星

マドンナに原田美枝子を迎えたシリーズ七作目は、映画生活初めての二枚目“文太の恋敵”に扮する川谷拓三と、UFO熱にとりつかれた桃次郎の活躍を描く。脚本は「トラック野郎 男一匹桃次郎」の掛札員裕と「ビューティ・ペア 真赤な青春」の中島信昭、監督は「多羅尾伴内」の鈴木則文、撮影は「トラック野郎 男一匹桃次郎」の飯村雅彦がそれぞれ担当。

4/5
[?]評価方法について
総評価数 3
レビュー 0
投票 3
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 0% (0)
星4つ 100% (2)
星3つ 50% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

SF熱にとりつかれた桃次郎、夜の国道でUFOならぬ、鳥羽のイルカ島の美人イルカ調教師、月田えり子と遭遇する。例によって桃次郎は彼女に一目ぼれである。そこへ、元トラック野郎の桶川玉三郎という男が現われた。桃次郎は玉三郎がえり子の幼な友達とわかると彼女に近づくために彼を助手に雇ってしまう。この玉三郎、ついでに一騒動を持ちこんできた。それは、故郷の人々に運送会社の社長をしているとふれこんだので、出世した彼を見ようと父親がやって来るということであった。人情屋の桃次郎、父親に落胆させまいと、仲間のトラック野郎と芝居をうって彼をにわか社長に仕立てるのである。一方、不況で荷の減った合棒のジョナサン、仲間を裏切って運賃をダンピングしてまで仕事をとってしまった。桃次郎に絶交されたジョナサン、なぐさめてくれたストリッパーのマリーと公演先の下呂温泉に向かう。桃次郎もえり子が結婚話で故郷の下呂に帰ったと聞いて後を追う。そして下呂では、“玉三郎社長”のからくりを知った父親がみんなのために大宴会を開いてもてなすのであった。仲間と仲直りしたジョナサンも、ここでマリーと涙のお別れである。イルカ島に戻った桃次郎、逃げたイルカを追って、えり子の恋人とも知らずに駿介と二人で海に乗り出した。イルカを連れ戻した桃次郎はえり子の感謝で有頂点の毎日だった。ある嵐の夜、養殖鮑を守ろうとしていた駿介が重傷を負うが、桃次郎、えり子の尽力で一命はとり止めた。しかし、このことから二人の愛を知った桃次郎は二人の幸福を祈りつつ、ジョナサン、玉三郎とともにイルカ島を去って行く……。

見たい映画に
登録した人
4

作品データ

製作年 1978年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 103
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 鈴木則文
脚本 掛札昌裕中島信昭
企画 天尾完次高村賢治
撮影 飯村雅彦
音楽 木下忠司
美術 桑名忠之
編集 鈴木宏始
録音 小松忠之
スチール 藤井善男
助監督 森光正
照明 川崎保之丞
製作進行 小島吉弘

キャスト

星桃次郎 菅原文太
松下金造 愛川欽也
桶川玉三郎 せんだみつお
月田えり子 原田美枝子
桶川半兵衛 辰巳柳太郎
石部スミ 樹木希林
マリー 亜湖
小百合 樹れい子
月田絹枝 中村玉緒
桑原福次 小松方正
花子 天地総子
南田 南利明
谷村 谷村昌彦
林洋
その 武知杜代子
富士子 角田淑子
津軽富士 須賀良
横綱 佐藤晟也
海賊大名 宮城健太郎
黒潮丸 幸英二
関東無宿 清水照夫
尾鷲丸 奈辺悟
弁天島 亀山達也
志摩恋仁義 沢田浩二
伊勢虎 久地明
鰐鮫 宮地謙吾
アゴ・プレスリー 城春樹
夫婦岩 吉宮慎一
渡鹿野しぐれ 相馬剛三
哥麿 宮崎靖男
真珠観音 勝光徳
ユカ 和田瑞穂
トシ江 白川絹子
黒崎 日尾孝司
漁業組合長 田島義文
船員A 津野途夫
船員B 司裕介
船員C 寒川蔵雄
早田 大木晤郎
港湾事務員 松沢勇虫
武見次郎 金子信雄
使用人 畑中猛重
看護婦 村松美枝子
金田 汐路章
夫人 谷本小代子
受付 森祐介
ガードマン1 マイテイ・井上
ガードマン2 団巌
ガードマン3 大前均
救急車の運転手 高月忠
藤丸真平 河合絃司
矢野駿介 川谷拓三
真珠島係員 二瓶正也
ラジオアナウンサー 木村修
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > トラック野郎 突撃一番星