映画-Movie Walker > 作品を探す > 金曜日の寝室

上司との情事を楽しむOLが、突然、破滅の淵にたたき落とされる姿を描く。脚本は「若妻日記 悶える」の下飯坂菊馬と「教師女鹿」の桂千穂の共同執筆、監督は「さすらいの恋人 眩暈(めまい)」の小沼勝、撮影は「黒薔薇夫人」の前田米造がそれぞれ担当。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

新大久保の古ぼけたマンションに住む万国商事社員、高見沢花土は、毎週金曜の夜訪れる上司の三原修三と情事を重ねていた。ある晩、修三の妻・幸子に毎週修三が女のアパートで時間を過ごしているという電話がかかってくる。そんなことがあったため、幸子は酒屋の店員を誘いこんで浮気し、小料理屋では三原が部下の柴田伸子を電話の主だと思い込み詰問していた。憔悴して帰宅した修三は電話で霊園に呼び出され、白い人影におびやかされる。慄然となった修三は花土を訪れ、始めて彼女の家に泊った。ある日、修三は幸子と隆の情事を目撃する。花土の部屋で夕食をしていた修三はまた例の女から呼び出され、出かけると、花土がいつも立ちよるフラワーショップのエリが公園で待っていた。電話で脅迫し、幸子に浮気を教えたのもエリの仕業だった。自分の罪を告白し、帰ろうとするエリを修三が襲う。花土は修三の表情からエリと会ったことを察した。翌日、部長室にいる修三のところへ花をいけにやって来たエリは、三原に花瓶を叩きつけられる。数日後、三原はエリを殺そうとドライヴに誘うが、車の中で彼女を抱いてしまう。後を追ってきた花土も加わり、三人の葛藤は続き、そして遂に、三原と花土が死に直面するのだった。

見たい映画に
登録した人
1

作品データ

製作年 1978年
製作国 日本
配給 にっかつ
上映時間 89
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 小沼勝
製作 海野義隆
原作 阿部牧郎
脚本 下飯坂菊馬桂千穂
企画 成田尚哉
撮影 前田米造
音楽 乾裕樹
美術 柳生一夫
編集 鈴木晄
録音 福島信雅
スチール 目黒祐司
助監督 川崎善広
照明 川島晴雄
制作補 青木勝彦

キャスト

高見沢花土 加山麗子
杉浦エリ 野平ゆき
三原修三 宇南山宏
三原幸子 岡本麗
大沢隆 隈本吉成
柴田伸子 梓ようこ
深田 五條博
深田の妻 小川亜佐美
女事務員A 南條由美
女事務員B 広瀬ユミ
サラリーマン 浜口竜哉
キーパンチャー 上原由恵
TV画面 影山英俊
TV画面 飯田紅子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 金曜日の寝室