霧の旗(1977)|MOVIE WALKER PRESS
MENU

霧の旗(1977)

1977年12月17日公開,95分
  • 上映館を探す

雑誌記者との愛も捨て、獄死した兄の弁護を断った弁護士に復讐する女の姿を描く。脚本は服部佳、監督は「春琴抄」の西河克己、撮影は「女教師」の前田米造がそれぞれ担当。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

柳田桐子が「週刊社会」の編集記者・阿部啓一に初めて出逢ったのは、東京の大塚欽三法律事務所の中であった。高利貸し殺しの容疑で逮捕された兄・正夫の無実を信じる桐子は、高名な弁護士である大塚を頼って、九州の片田舎から上京したのである。しかし、桐子の必死な願いにも拘らず、大塚は桐子の依頼を冷たく拒否するのだった。早くから両親を亡くした桐子兄弟には、大塚の要求する高額な弁護料を用意することができなかったのである。医大の寄付金問題に関する件で事務所に取材にきていた啓一は、大塚の高慢な態度に激しい憤りを感じ、桐子に同情の言葉をかけるのだった。正夫にはとうとう死刑の判決が下る。そして、正夫は控訴中に刑務所で獄死してしまった。九州に帰っていた桐子は上京し、銀座のクラブでホステスとして働き始める。桐子はそこで、同僚と飲みにきていこ啓一に再会した。正夫の無実説く啓一の言葉が、桐子の胸には辛く響いた。その頃、啓一は、大塚が正夫の公判記録を洗い直していることを知った。啓一は桐子に会うと、正夫の無実を確信しているからこそ大塚が公判記録を改めているのだと熱っぽく語った。しかし、たとえ無実が証明されたとしても、正夫が帰ってくるわけではなかった。桐子は、不幸な人間に関っていたらあなたも不幸になると言って、啓一に別れを告げた。それが啓一に対する桐子の愛だった。啓一は、桐子を幸せにしてあげたいと強く思った。そんな時、桐子の店にもきたことのある杉浦という男が、マンションで殺されるという事件が起こった。杉浦の友人であるクラブ経営者・河野径子が犯人として捕ったが、桐子には径子が犯人でないことが分っていた。径子がマンションを訪れる前に、ひとりの男が部屋から出て行くのを、たまたま目撃していたのである。桐子の手元には、その男が落として行ったライターもあった。しかし桐子は、証人として名乗り出ることをしなかった。径子が大塚の愛人であると知ったからである。スキャンダルが表面化して社会的地位が危うくなった大塚は、毎日のようにクラブに通い、径子のために証言してくれと桐子に頼んだ。しかし、桐子には兄を見殺しにした大塚を許すことができなかった。啓一が桐子の将来を思って結婚まで申し込んでくれたが、桐子は、九州にいた頃に受け取った啓一からの手紙を胸に、復讐へと立ちあがった。ある晩、ついに桐子は大塚を自室に誘い、女であることを武器に、彼を罠にはめることに成功するのだった。

作品データ

製作年
1977年
製作国
日本
配給
東宝
上映時間
95分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

2.0
  • たっかん

    3
    2013/12/22

    初見は1977年の映画館。本日(2013年12月22日)、久しぶりに再見。

    白樺林の週刊誌記者(三浦友和)の独白で始まり、やはり白樺林の桐子(山口百恵)の独白で終わる映画なのだが、「この両者は何故?」という印象。

    小学校教師の兄(関口宏)と妹=桐子(山口百恵)は、幼い時に両親を亡くして二人で暮らしてきた兄妹。
    兄が殺人犯の汚名をきせられたまま獄死して、桐子が弁護を頼んだのに断った大塚弁護士(三國連太郎)に体当たりで復讐する物語自体は、ほぼ松本清張の原作どおり。

    ただ、終わり方が、中途半端であり、その点は残念だった。それ以外はまあまあの出来かもしれない。
    桐子の大塚弁護士への身体を張っての復讐は、結局、大塚弁護士をどうしたのか。。。弁護士をやめさせられただけなのか、訴えられたのか、はっきりせずに終わってしまう本作、ちょっと微妙~。

    また、『飢餓海峡』では左幸子に遠慮なく下着を脱がせようとまでした三國連太郎が、山口百恵相手だと顔にふれる程度で激しい行為に至らなかったのは、当時の百恵に遠慮が見られる感じがした。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告