映画-Movie Walker > 作品を探す > 黒木太郎の愛と冒険

野呂重雄の原作をもとに、松竹退社後、フリー第一作目の森崎東監督が脚本と監督を担当、文句さんとアダ名されるスタントマンの中年男とその家族と友人、映画監督を夢みる若者たちがからみあうホーム・ドラマ。脚本・監督は「喜劇 特出しヒモ天国」の森崎東、撮影は村上雅彦がそれぞれ担当。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

かつては優等生であった定時制高校五年生の伊藤銃一は、他人の足をひっぱることしか考えていないクラスメートを、学校を腹の底から軽蔑し呪っている。銃一には二人の親友がいた。小学校からの友人の公一。もう一人は大学生の勉であった。銃一は学校をサボり、バキュームの仕事をしていた時、ゴメさんと知りあう。そして、ゴメさんの世話で大人のオモチャ屋をしている菊松の家に下宿させてもらっていた。ゴメさんは、黒木太郎の世話でバクチの負け金の取り立てをやっていた。モンキーに似ていることから文句さんと銃一たちが呼んでる黒木太郎は、勉の叔父にあたり、映画のスタントマンをしており多趣味で、たいへんな凝りしょうであった。文句さんのおくさんは、元女優でたいへんな美人であり、また、勉の母親はたいへんな肝ッ玉お母さんで、勉との仲もたいへん良かった。銃一は、万事につけてあけっぴろげのこの家族を、この街を愛していた。彼の夢は、文句さんの奥さんのカムバック映画を作ることであったが、仲々実現できなかった。そんなある時、ゴメさんが死亡。文句さんと銃一の二人は、遺骨を娘さんの吹雪にとどけるのであった。吹雪の家はひどい貧乏で、やっかいな女教師が下宿していた。この下宿人を追い出すのにひと役かった銃一は、その間に彼をたずねて来た父親に会えなかった。そして父親は、手配師や労務者たちにバカにされ、墓地で切腹。そんな父に別れをつげた銃一は、勉の従妹・和美が不良グループと遊びまわっている間にヤクザにひっかかり、ソープランドに売られようとしているという事件が起きていることを知り、文句さんと共に、銃一、公一、勉がヤクザの所にのりこむのであった。

見たい映画に
登録した人
2

作品データ

製作年 1977年
製作国 日本
配給 ATG
上映時間 110
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 森崎東
製作 馬道昭三西村隆平
原作 野呂重雄
脚本 森崎東
企画 多賀祥介
撮影 村上雅彦
音楽 佐藤勝
美術 田口和男
編集 大島ともよ
録音 神蔵昇
助監督 山下稔
照明 北沢保夫

キャスト

黒木太郎(文句さん) 田中邦衛
菊川菊松 財津一郎
牧子 倍賞美津子
ゴメさん 伴淳三郎
加津江 清川虹子
満江 沖山秀子
信太郎 小沢昭一
豊太郎 三國連太郎
君島女教師 緑魔子
吹雪 杉本美樹
その夫 岡本喜八
手配師A 火野正平
手配師B 殿山泰司
労務者 井川比佐志
伊藤銃一 伊藤裕一
太田勉 太田聖規
荒木公一 荒木健一
絵見 深沢綾
和美 鶴ひろみ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 黒木太郎の愛と冒険