映画-Movie Walker > 作品を探す > ドーベルマン刑事(1977)

千葉真一深作欣二監督が十一年ぶりにコンビを組んだアクション映画。少年雑誌に連載されている同名原作をもとにしているが、この作品は劇画になる以前の主人公のプロローグ篇。今日のスター歌手誕生の裏で繰り広げられるスキャンダルを中心に描く。脚本は「北陸代理戦争」の高田宏治、監督も同作の深作欣二、撮影も同作の中島徹がそれぞれ担当。

4/5
総評価数 2
レビュー 1
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (1)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (0)
星2つ 0% (1)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

新宿で女性の焼死体を発見。連続殺人放火魔の仕業と警察は断定。害者の身元は、玉城まゆみ、沖縄石垣島出身。警察は害者の男関係から、元暴走族の三迫長栄に容疑をかける。加納竜次は、石垣署から、玉城の遺骨を引き取りに東新宿署に派遣された刑事でまゆみの母親は、娘の生存を主張し、このことから加納は、この殺人事件に興味をいだいた。ある日、超高層ビルで、狂人が女性を部屋に閉じこめるという事件が発生。警察が手をこまねいている間に、加納は持前の荒っぽさでなんなく人質を救出した。だが、この事件は人質だった春風美樹をマスコミに売るために彼女のマネージャー・英森が仕組んだものとは誰も気がつかなかった。英森は彼女をスターにすることに一生をかけていた。加納はそんな彼女に、まゆみの母親の言葉がうかび、まゆみと美樹がオーバーラップするのであった。加納は美樹にまゆみの十七歳の時の写真を見せた。整形手術をほどこしている美樹は反応を示さなかった。もう一人、美樹に近づいた男がいた。三迫長栄で、彼女が三年前までソープランドで働いていたと暴露。もう少しでスターの座を確保する美樹を守る英森。加納と長栄の追及が激しくなり、英森はついに、加納らを殺すこと決意。英森のさし向けた殺し屋を逆に殺してしまう加納。彼にとっては何んでもない事なのだが、警察内部で大間題をになり彼は、過剰防衛、殺人等で逮捕される。そして、加納の留置所内での行動が猛犬のように燃え上がったのは、三迫長栄の死を知ってからで、ついに、脱走までしてしまう。一方、テレビの「スター誕生」に出演する美樹の準備もととのい、裏工作も完了した英森は、当日事務所で、画面に喰い入っていたが、加納が現われ対決する。事件の一部始終を話し、花森は隙を見て拳銃を抜くが、加納のブラックホークが一瞬優った。ステージで審査の発表を持つ美樹に英森の死をつたえる加納。その時、美樹の頭上では優勝のファンファーレがひびきわたった。

見たい映画に
登録した人
1

作品データ

製作年 1977年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 90
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 深作欣二
原作 武論尊平松伸二
脚本 高田宏治
企画 松平乗道奈村協
撮影 中島徹
音楽 広瀬健次郎
美術 富田治郎
編集 市田勇
録音 野津裕男
スチール 中山健司
助監督 俵坂昭康
照明 金子凱美
進行主任 長岡功

キャスト

加納錠治 千葉真一
春風美樹 ジャネット八田
紫小袖 松田暎子
二宮捜査一課長 鈴木康弘
佐野猛夫 藤岡重慶
田村哲也 西田良
坊忠彦 野口貴史
磯村均 中村錦司
高松次郎 室田日出男
下川誠 阿波地大輔
中谷 岩尾正隆
三迫長栄 岩城滉一
甲山勝男 小林稔侍
サクラ 星野じゅん
サスケ 西浜鉄夫
木下秀吉 川谷拓三
四季京弥 内村レナ
四季五十鈴 山口ジュン
城野昌久 成瀬正
遠藤亘 原田力
ルガー・松川 笹木俊志
神谷昇 志茂山高也
ダグラス テリー・オブライエン
真田 片桐竜次
大野 志賀勝
美代子 橘麻紀
松美荘の管理人 宮城幸生
主婦A 星野美恵子
リドの司会者 高月忠
トルコのマネージャー 勝野健三
トルコ嬢A 丸平峰子
トルコ嬢B 桂登志子
ディレクター 藤沢徹夫
英森魁治 松方弘樹
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > ドーベルマン刑事(1977)