映画-Movie Walker > 作品を探す > 雨のめぐり逢い

美しく可憐な盲目の娘・道代と過去に暗い心の傷を持つ男・花松一郎の哀しくもむくわれぬ愛を、サスペンスをまじえて描く。脚本は「三億円をつかまえろ」「パリの哀愁」の菊島隆三、監督は「地上最強のカラテ」の野村孝、撮影は「野球狂の詩」の前田米造がそれぞれ担当。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ある中小企業に勤める夏村道代は、社長とともに給料支払いのための銀行に金をおろしに行った際、不運にも、おろしたばかりの金を強盗に奪われた。その時、社長はハンマーで一撃され即死、道代も一味の車に跳飛ばされ、一命はとりとめたものの頭部を強打し、失明してしまった。そのため、恋人も失い自殺を決意した道代を救ったのが、花松一郎であった。彼には、道代と同じ盲目の妹がいた。しかし、妹は自殺をしてしまい今はいない。彼の胸にはどうしても道代に光をとりもどしてやりたいという気持が日毎ふくらんでいった。花松は、道代に亡き妹の白い杖を贈った。花松は、道代に手術を受けさせることを決心し、費用も自分がだしてやることにする。花松は川原眼科部長を訪ね、道代の失明の原因を知り愕然とする。というのは、道代を跳飛ばしたのは花村自身であったのだ。花村は妹の手術費を作るためにあの強盗をやったのであった。道代の瞼の奥には犯人の顔が焼きついているにちがいない、手術が成功すれば花松も破滅し、二人の愛も終るだろう。花松は悩んだ。迷宮入り近いこの事件を追っている宗方刑事と吉岡刑事は、道代に近づいた花松をうたがいだす。しかし、別の危機が花松と道代をねらっていた。事件の主犯・岩木が花松の行動に気づき、それを阻止するため花松と道代をおびき出し、睡眠薬を使ってねむらせ、ガス心中を装い二人を殺害しようとした。しかし、近所の主婦が噴出するガスの臭いに気づき、警察に通報し、花松と道代は命をとり止めた。道代はこの事件のあと、手術を受け無事成功。病院のロビーの柱の影から退院する道代の後姿を見つめる花松。「道代さん、後を振り返ってごらん!」とその時宗方刑事が叫んだ。「刑事さん! 私が見たのはあの人です! あの人が犯人の一人です」

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 1977年
製作国 日本
配給 松竹
上映時間 91
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 野村孝
製作 梶原一騎藤岡豊川野泰彦野村芳樹
原作 菊島隆三
脚本 菊島隆三
企画 小坂敬
撮影 前田米造
音楽 市川秀男
美術 坂口武玄
編集 白江隆夫
録音 瀬川徹夫
スチール 加藤光男
助監督 今井敏夫
照明 川島晴雄
制作補 島田十九八天野勝正

キャスト

花松一郎 山城新伍
夏村道代 竹下景子
夏村文子 南田洋子
船山和子 長山藍子
花松薫 榊原るみ
野崎 夏夕介
吉岡刑事 神有介
藤本主任 森次晃嗣
竹原 下川辰平
老船頭 浜村純
久保田金造 小栗一也
山川 武藤章生
主婦 姫ゆり子
看護婦 星野晶子
町田 田畑善彦
清水 横山あきお
川原眼科部長 高橋昌也
岩木 山田吾一
宗方刑事 大坂志郎
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 雨のめぐり逢い