映画-Movie Walker > 作品を探す > 新宿酔いどれ番地 人斬り鉄

新宿と基地の町・福生を中心に、組織に牙をむくはみだしヤクザの凄絶な生きざまを描く。脚本は「横浜暗黒街 マシンガンの竜」の松田寛夫と「武闘拳 猛虎激殺!」の掛礼昌裕と「東京ディープスロート夫人」の小平裕の共同、監督は「新女囚さそり 701号」の小平裕、撮影は「河内のオッサンの唄」の中島芳男がそれぞれ担当。

3/5
[?]評価方法について
総評価数 3
レビュー 0
投票 3
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 0% (0)
星4つ 100% (2)
星3つ 0% (0)
星2つ 50% (1)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

新宿・歌舞伎町の縄張り争いで、根岸組組長を殺害。十年振りにしゃ場に出てみて、自分のいた大門組の変貌ぶりに権藤鉄治は激怒。かつての仲間はそれぞれ治まっているが、愛人・春美は行方知れず。あれる鉄治に手を焼いた大門は、彼を福生へ助っ人として送る。鉄治とともに、元刑事や元ボクシングのチャンピオンや元レーサーも同行した。福生では、柳田組と対抗。血に飢えた狼のような鉄治の行動に、柳田組は色めきたち熾烈な縄張り争いが始まった。そんな最中、鉄治は春美と再会。春美は今は、柳田組の福生支部の幹部・竹内の情婦であった。さらに鉄治の行動は、横暴ぶりをエスカレートしていった。そして、鉄治はとうとう、竹内と春美を殺してしまった。ここに、福生は大門組のものとなった。鉄治の友人でもあり福生の支部長でもあった藤原は、組の命令により、鉄治の仲間を射殺してしまう。そして、そのことを知った鉄治は怒りくるい、藤原を射殺。そして、死ぬまぎわの藤原から、大門が春美を犯し、そのために春美が姿を消したことを知り、新宿にもどり、鉄治は、ひそかに大門をねらいついに殺してしまう。うす汚れた裏路地にうずくまる鉄治に、冷たい風とネオンの明りが無情に通り過ぎるのであった。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 1977年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 87
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 小平裕
脚本 松田寛夫掛礼昌裕小平裕
企画 太田浩児高村賢治
撮影 中島芳男
音楽 鏑木創
美術 北川弘
編集 祖田富美夫
録音 広上益弘
スチール 藤井善男
助監督 新井清
照明 梅谷茂
進行主任 東和杜

キャスト

権藤鉄治 菅原文太
春美 生田悦子
西垣勝也 青木義朗
野呂次郎 ジョージ高野
石川昇 舘ひろし
松永数男 にしきのあきら
大門英作 成田三樹夫
五十嵐賢二 川地民夫
岩城正平 八名信夫
暮山守治 関山耕司
軍司 佐藤晟也
佐原 土山登士幸
大門組若衆A 沢田浩二
大門組若衆B 幸英二
大門組若衆C 城春樹
柳田欣二 名和宏
竹内俊光 地井武男
梅津 藤山浩一
尾形 福中康治
演歌師 宮城健太郎
高橋 須賀良
川崎 高月忠
西部通彦 市川好朗
根岸秀三 伊達三郎
飯島精市 日尾孝司
ジュン サリー
レストランの荒くれ者A 久地明
レストランの荒くれ者B 亀山達也
レストランの荒くれ者C 司裕介
レストランのマネージャー 山浦栄
レストランのマスター 大木晤郎
バアのママ 奈三恭子
柳田組のチンピラ 西本良二郎
赤ちょうちんの親父 コロムビア・トップ
藤原安夫 佐藤允
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 新宿酔いどれ番地 人斬り鉄