映画-Movie Walker > 作品を探す > ピラニア軍団 ダボシャツの天

政岡としや原作の劇画の映画化。男気があり、度胸もあるが、チョッピリ間の抜けたチンピラ極道を描く。脚本は「広島仁義 人質奪回作戦」の松本功、監督は「夜明けの旗 松本治一郎伝」の山下耕作、撮影は「やくざ戦争 日本の首領」の増田敏雄がそれぞれ担当。

4/5
[?]評価方法について
総評価数 2
レビュー 0
投票 2
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 0% (0)
星4つ 100% (2)
星3つ 0% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

のぞみはでかく、チョット抜けたところのある天。彼は、筋金入りの極道になろうと上方会幹部、後白川綿三・通称むかでの錦三を兄貴と慕う。しかし、錦三は、自分の手足として天を使うだけであった。今日も数人の者を引き連れて新世界を闊歩する天は、ひょんなことから、対立している暴力団・大市組の若衆に喧嘩を売ってしまった。しかし、逆に脅され劣勢のところを、むかでの錦三に救われた。そして、この事件が後に両組の抗争に発展するとは、誰も思わなかった。その日の午後、天は田舎娘の夏と知り合い、夏をソープランドの従業員として働かせる。しかし、天の良心がとがめ、カタギの仕事を夏にみつけてやることを決心。数日後、関西に勢力を誇る神組傘下八団体の幹部会クラスの親睦会“八人会”がある料亭でもたれた。上方会の笹本もその一人である。しかし、その席で、神組の代貸・石山は、敵対する暴力団に負傷させられ、この事件が元で、八人会は九州へ乗こむことになった。天も男を上げようと、九州入りを錦三にたのんだ。九州に行く前、夏に愛の告白をし、夏も天に惚れ込んでいた。流血の抗争となった九州では、上方会の錦三、天などが大活躍。この抗争は、神組の一方的勝利で終った。再び地元にもどった天は、夏のために筋金入りの極道になろうと、今日も錦三の命令で走り廻っているのだった。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 1977年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 83
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 山下耕作
原作 政岡としや
脚本 松本功
企画 杉本直幸上阪久和
撮影 増田敏雄
音楽 渡辺岳夫
美術 富田治郎
編集 玉木濬夫
録音 中山茂二
スチル 内藤マリ
助監督 清水彰
照明 金子凱美
進行主任 長岡功

キャスト

松田天 川谷拓三
竹田かほり
笹本圭司 菅貫太郎
渋谷栄作 岩田直二
豆吉 根岸一正
ケン 高月忠
大市喜三郎 北村英三
花木 岩尾正隆
上杉照夫 白井孝史
小林 司裕介
伊藤 政岡としや
岡田半次 室田日出男
志賀勝
利男 松本泰郎
奈辺悟
吉村俊助
サトル 波多野克也
警官 志茂山高也
丸山刑事 野口貴史
安川 潮健児
沢井 小松方正
石山連 深江章喜
川田 川浪公次郎
成瀬正
金井 笹木俊志
キー子 丸平峰子
ちどり 橘麻紀
ミキ あき竹城
静代 内村レナ
看守 小林稔侍
母親 星野美恵子
明美 真鍋美保
桃江 西田治子
花奴 奈三恭子
ダンプの運転手 広瀬義宣
刃物店の主人 疋田泰盛
老人 藤川弘
薩州側組員A 寺内文夫
神組側組員A 井上茂
後白川錦三 夏八木勲
ナレーター 友金敏雄
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > ピラニア軍団 ダボシャツの天