やくざ戦争 日本の首領|MOVIE WALKER PRESS
MENU

やくざ戦争 日本の首領

1977年1月22日公開,132分
  • 上映館を探す

全国制覇を目指す暴力団・中島組。政界・財界・右翼の大物とコネをつけ、組織強化を計る半面、二人の娘に手を焼く父親でもある組織の首領を描く。脚本は「沖縄やくざ戦争」の高田宏治、監督も同作の中島貞夫、撮影は「夜明けの旗 松本治一郎伝」の増田敏雄がそれぞれ担当。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

西日本最大の組織を誇る中島組。その事務所に、新興企業グループの専務・島原が訪れたのは、昭和四十一年秋のことだった。中島組会長の佐倉に、社長のスキャンダル問題の解決を依頼、その代償として、西日本優良企業による、半永久的な献金組織の設立を申し出る。しかし、中島組の若頭・辰巳は、あくまでも暴力による全国制覇の夢を抱きつづけていた。そして、いつか佐倉を日本の首領にしてみせると誓っていた。一方、佐倉にとっての泣き所は、そのファミリーだった。二人の娘、姉・登志子は青年医師・一宮恭夫との恋に父親の存在が障害であることを口にし、妹・真樹子は奔放な性格で、無軌道なふるまいで悩ませた。佐倉は、登志子を島原の養女として、一宮との結婚にこぎつけた。結婚式には党人派の小野伴水、右翼の大物の大山規久夫も顔を出した、盛大な結婚式の裏側では、中島組の武力進攻が続いていた。西から東へ、辰巳の意図を受けた暴力部隊は日本地図を血で染めていった。進攻の行きつくところ、それはいつか東京の組織との決定的な対立になることは、明白だった。大山の政治結社結成の申し出を、やくざであることを自認する佐倉が拒絶したことで、事態は決定的となっていた。どこまでも武力に頼る辰巳の限界、娘・真樹子の麻薬トラブル、そして組織暴力壊滅を目指す、警察権力。中島組傘下の各組は、追いつめられ、次々と解散声明を発表した。そして、佐倉の腹心である辰巳までも持病の悪化と警察の締め付けから、佐倉を救い得る唯一の道は、解散しかないと覚悟する。佐倉の許しを得ず、辰巳は、病床で解散声明を書こうとする。しかし、今はファミリーの一員となった一宮が、辰巳に多量のモルヒネを注射した。辰巳組解散を聞き、警察や報道が病院に押し掛けるが、辰巳は息を引きとった後だった。

キャスト

鶴田浩二

辰巳周平

林彰太郎

兼田三次

小田部通麿

白川義雄

野口貴史

宮之浦一夫

千葉真一

迫田常吉

成田三樹夫

片岡誠治

西田良

舟瀬一郎

尾藤イサオ

日暮美智夫

高並功

谷本正夫

松方弘樹

松枝四郎

木谷邦臣

益田留蔵

小林稔侍

宗方敏之

矢吹二朗

張田軍大

松本泰郎

金村謙治

阿波地大輔

小林功

成瀬正

木村利夫

風戸佑介

宮園健

渡瀬恒彦

野溝武司

北村英三

野崎藤男

国一太郎

南善次

品川隆二

増井常夫

有川正治

前川勇

小松方正

木崎徳衛

小池朝雄

三浦克之助

鈴木康弘

植木隆太郎

白川浩二郎

木曾浩二

曽根将之

入間利明

片桐竜次

轟武志

奈辺悟

和田徹夫

今井健二

文源昌

志賀勝

内田頼三

高橋昌也

阿部直行

西村晃

島原嘉兵衛

志摩靖彦

鈴木社長

原聖四郎

森本社長

金子信雄

田口彰治

神田隆

小野伴水

内田朝雄

大山喜久夫

梅宮辰夫

福島

地井武男

川端

宮城幸生

土田

秋山勝敏

中村錦司

大松

大木晤郎

前田

田中邦衛

後藤

市原悦子

辰巳キヨ

橘麻紀

北村ユカ

葵三津子

政江

奈三恭子

君弥

待田京介

三鷹厚司

司裕介

新聞記者A

蓑和田良太

新聞記者B

東恵美子

佐倉雪江

二宮さよ子

佐倉登志子

折原真紀

佐倉真樹子

絵夢

杉田かおり

高橋悦史

一宮恭夫

火野正平

竹田芳夫

菅原文太

石見栄三

佐分利信

佐倉一誠

作品データ

製作年
1977年
製作国
日本
配給
東映
上映時間
132分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.0
  • 晴耕雨読

    4
    2009/10/12

     ハリウッド映画の「ゴッドファーザー」を意識して撮られた作品だと思います。1973年に公開された「仁義なき戦い」シリーズの大成功によって大量生産された実録・やくざムービーも次第に飽きられてきたので、東映やくざ映画の転換を示唆した作品となっています。映画は明らかに現実の神戸市を本拠にする広域暴力団の全国進出を下地にしていますが、音楽にクラッシック音楽の大御所・黛敏郎を起用して、主人公も名優・佐分利信なのですから、ニーノ・ロータとマーロン・ブランドーの向こうを張ったのではないかと独断と偏見の目で見ています。

     佐分利信と鶴田浩二の共演と言えば、てっきり、初顔合わせだと思っていたのですが、小津安二郎監督の「お茶漬の味」で共演していたのですね。作品はそんなこんなで、意外に重厚な映画になっています。佐分利信の堂々たる存在感は鶴田浩二も菅原文太もチンピラに見えてしまうのですから凄いの一言です。ドラマのコアは関西の広域暴力団の首領と家族関係、そして首領と若頭の確執です。しかし、今までの東映やくざ映画と大きく違っているのは、「ゴッドファーザー」を意識したのか、家族関係にフォーカスされているために、東映ファンとしては馴染めないのです。

     娘婿になる医師・高橋悦史はさしずめ、インテリの三男・マイケルなのでしょう。この医師が組織に関わってくるのが見所になっています。出色は千葉真一が演じるイケイケ・やくざの存在です。「仁義なき戦い・広島死闘篇」の大友勝利役に匹敵する凄絶なやくざ像を見せてくれました。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告