映画-Movie Walker > 作品を探す > 犬神家の一族(1976)

名探偵金田一耕肋を主人公にした横溝正史の同名小説の映画化で、湖畔にそびえる犬神邸に次々と発生する怪奇な連続殺人事件に挑む金田一耕肋の活躍を描く。脚本は「反逆の旅」の長田紀生日高真也市川崑の共同、監督は「妻と女の間」の市川崑、撮影は同じ「妻と女の間」の長谷川清がそれぞれ担当。

4/5
[?]評価方法について
総評価数 45
レビュー 6
投票 39
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (19)
星4つ 63% (12)
星3つ 73% (14)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

日本の製薬王といわれた信州・犬神財閥の創始者、犬神佐兵衛は、自分の死後の血で血を洗う葛藤を予期したかのような不可解な遺言状を残して他界した。犬神家の顧問弁護士、古館恭三の助手、若林は、莫大な遺産相続にまつわる一族の不吉な争いを予期して、金田一耕肋に助力を得るための手紙を送ったが、那須に着いた金田一と顔を合わさぬまま、何者かに毒入り煙草で殺害された。奇怪な連続殺人事件は、若林の死からその第一幕が切って落された。佐兵衛は生涯妻子を持たず、松子、竹子、梅子という腹違いの三人の娘があり、松子には佐清、竹子には佐武と小夜子、梅子には佐智という子供がいる。そして、犬神家には佐兵衛が今日の地盤を築いた大恩人である野々宮大式の孫娘、珠世も住んでいた。問題の遺言状は佐清の復員を待って公開されることになっていたが、戦争で顔を負傷した佐清は、仮面をかぶって一族の前に現われた。ところで遺言状の内容は、犬神家の全財産と全事業の相続権を意味する三種の家宝、斧(よき)、琴、菊を佐清、佐武、佐智のいずれかと結婚することを条件に、珠世に譲渡する、というものだった。だが、佐武は花鋏で殺され、生首だけ菊人形の首とすげかえられ、佐智は琴糸を首に巻きつけられて、そして、佐清も斧で殺された。犬神家の家宝「斧(よき)、琴、菊」(よきこと聞く)は、いまや祝い言葉ではなく、呪いの連続殺人の呼称となった。犯行現場付近には、いつも珠世と猿蔵の姿があった。私立探偵金田一耕助によって血で血を洗った犬神家の系譜が次々と過去にさかのぼって解明されていく。

見たい映画に
登録した人
28

作品データ

製作年 1976年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 146
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 市川崑
製作 角川春樹市川喜一
原作 横溝正史
脚本 長田紀生日高真也市川崑
撮影 長谷川清
音楽 大野雄二
製作補佐 藤田光男
美術 阿久根巖
編集 長田千鶴子
録音 大橋鉄矢
スチル 橋山直己
助監督 加藤哲郎
照明 岡本健一

キャスト

金田一耕助 石坂浩二
犬神松子(犬神佐兵衛の長女) 高峰三枝子
犬神竹子(犬神佐兵衛の次女) 三条美紀
犬神梅子(犬神佐兵衛の三女) 草笛光子
犬神佐清(松子の息子) あおい輝彦
犬神佐武(竹子の息子) 地井武男
犬神小夜子(竹子の娘) 川口晶
犬神佐智(梅子の息子) 川口恒
犬神寅之助(竹子の夫) 金田龍之介
犬神幸吉(梅子の夫) 小林昭二
野々宮珠世 島田陽子
はる(那須ホテルの女中) 坂口良子
古館恭三弁護士 小沢栄太郎
橘警察署長 加藤武
大山神官 大滝秀治
猿蔵 寺田稔
柏屋の亭主久平 三木のり平
那須ホテルの主人 横溝正史
琴の師匠 岸田今日子
藤崎鑑識課員 三谷昇
井上刑事 辻萬長
青沼菊乃 大関優子
青沼静馬(菊乃の息子) あおい輝彦
老婆お園(松子の母) 原泉
犬神佐兵衛 三國連太郎

レビュー

佐兵衛翁

投稿者:zero

(投稿日:2007/12/29)

横溝正史も好み、市川崑の映像好き、 なので、まぁ観てしまえ…

[続きを読む]

支持者:1人

関連ニュース

映画好きなら手に入れたい“コアチョコ”の冬物はこれだ!【パーカー・Tシャツ画像13点】
映画好きなら手に入れたい“コアチョコ”の冬物はこれだ!【パーカー・Tシャツ画像13点】(2018年12月30日 10:00)

インパクトのあるデザインで、映画好きだけでなく、Tシャツ好きから熱烈な支持を集めるアパレルブランド、ハードコアチョコレート(以下、コアチョコ)。最近は親子漫才コ…

石坂浩二から長谷川博己、加藤シゲアキまで…みんなが好きな“金田一耕助”作品ランキング発表!
石坂浩二から長谷川博己、加藤シゲアキまで…みんなが好きな“金田一耕助”作品ランキング発表!(2018年11月8日 21:30)

アーサー・コナン・ドイルが生んだシャーロック・ホームズやアガサ・クリスティのエルキュール・ポワロと並び、日本が世界に誇る名探偵と言えば、横溝正史作品に登場する金…

映画ファンからもTシャツ好きからも注目を浴びる“ハードコアチョコレート”って知ってる?【Tシャツ・パーカー画像20点】
映画ファンからもTシャツ好きからも注目を浴びる“ハードコアチョコレート”って知ってる?【Tシャツ・パーカー画像20点】(2018年3月31日 14:15)

『犬神家の一族』(76)の佐清に『仁義なき戦い』(73)の菅原文太。着ていたら街中で目を引くこと確実なインパクトのあるデザインで、映画好きだけでなく、Tシャツ好…

フォトギャラリー

『犬神家の一族』(3作品)

犬神家の一族
犬神家の一族 (2006年12月16日公開)

石坂浩二主演×市川崑監督の同コンビで同名映画をリメイク

  • 犬神家の一族(1976) (1976年11月13日公開)

    名探偵金田一耕肋を主人公にした横溝正史の同名小説の映画化で、湖畔にそびえる犬神邸に次々と発生する怪奇な連続殺人事件に挑む金田一耕肋の活躍を描く。

  • 犬神家の謎 悪魔は踊る (1954年8月8日公開)

    「悪魔が来たりて笛を吹く(1954)」に次ぐ金田一耕助物で、「暗黒街の脱走」の高岩肇が脚色し、「とんち教室」の渡辺邦男が監督、同じく渡辺孝が撮影を担当した。

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 犬神家の一族(1976)