映画-Movie Walker > 映画作品を探す > 女囚101 性感地獄

女子刑務所を舞台に、女囚たちの様々な奇行や生態を描くロマン・ポルノ。脚本は「禁断・制服の悶え」の久保田圭司大原豊、監督は「あの感じ」の林功、撮影も同作の山崎敏郎がそれぞれ担当。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

多摩刑務所に着いた一台の護送車から、数人の女囚たちが降りて来た。その中に萩村佐夜子の姿があった。佐夜子は夫の留守中に暴漢に襲われ、突嗟に手にした灰皿で男を殴り殺してしまったのだ。しかし裁判では次々と不利な証言が出され有罪となってしまった。それは夫の仕組んだ罠だったのだ。佐夜子は売春で捕まった紀代美と一緒の雑居房に入れられた。房長は珠江で、レズッ気のある彼女は夜になると紀代美を愛撫してよがらせた後、佐夜子に言い寄るが、佐夜子は拒否してしまう。翌日、女囚たちはボタンつけの軽作業を行っていたが、珠江と子分のスギが佐夜子の衣服を破り、看守も口裏をあわせたために、佐夜子は独房へ入れられた。両手を縛られた佐夜子は看守に犯されてしまうが、彼女自身久しぶりの男の味に酔いしれるのだった。独房から出て来た佐夜子を迎えたのは、珠江たちの激しいリンチと、夫との離婚届に判を押すことだった。佐夜子は刑務所のすさまじい状況と、外の世界の汚なさの中でふてぶてしく成長していった。むし暑く、けだるい昼下がり。女囚たちは黙々と庭掃除をしていた。背中に照りつける真夏の太陽は彼女たちの官能を刺激する。佐夜子も例外ではなかった。丁度そこを青年医師の肥沼が通りかかった。佐夜子は紀代美を誘い、仮病を使って医務室に行き、肥沼を襲った。二人はいやがる肥沼を押さえつけて、久しぶりの男の体にむさぼりつくのだった……。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 1976年
製作国 日本
配給 日活
上映時間 68
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

製作 海野義幸
企画 奥村幸士
脚本 久保田圭司大原豊
監督 林功
撮影 山崎敏郎
音楽 多摩零
美術 柳生一夫
録音 秋野能伸
照明 新川真
スチール 浅石靖
編集 井上親弥
助監督 高橋芳郎

キャスト

萩村佐夜子 珠瑠美
内藤珠江 丘奈保美
志村紀代美 牧れいか
小林ユキ 山科ゆり
佐川スギ 森みどり
鮫島 木島一郎
肥沼 浜口竜哉
所長 小泉郁之助
牧村和美 橘田良江
萩村勇治 織田俊彦
川島マキ 野村将希
刑事 伊豆見英輔
佐夜子を犯す男 小見山玉樹
プレイボーイ 影山英俊
雪丘恵介
看守・田中 北上忠行
女囚 飯田紅子
女囚 嬢沙菜恵
女囚 梨沙ゆり
女囚 谷口えり子
看守 玉井謙介
看守 近江大介
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
サーホー
サーホー

『バーフバリ』シリーズのプラバースが主演を務めたインド発のクライムアクション

ジョン・F・ドノヴァンの死と生
ジョン・F・ドノヴァンの死と生

人気俳優の死の真相に迫る物語を描いた『マイ・マザー』のグザヴィエ・ドラン監督作

弥生、三月 -君を愛した30年-
弥生、三月 -君を愛した30年-

遊川和彦監督・脚本×波瑠&成田凌W主演で30年に及ぶ男女の愛を紡ぐラブストーリー

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 映画作品を探す > 女囚101 性感地獄