映画-Movie Walker > 映画作品を探す > ホステス情報 潮ふき三姉妹

“潮ふき”を特技とするホステス三姉妹のセックス奮戦記を描く。脚本は池田正一、監督は「女高生100人 (秘)モーテル白書」の曽根中生、撮影も同作の水野尾信正がそれぞれ担当。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

バー“メイキッス”の看板ホステス、文江と朱実の姉妹は、店を終えると客を相手に金稼ぎ。文江の今日の相手はボクサーの立花で、セックスが最高頂に達した時、文江の体からピュッピュッと液体がほとばしる。そんな姉妹のところに、下の妹の由利が、ホステス志願で上京して来た。由利は、心配する姉達以上にがっちりと金を稼ぎ始めた。牧師を志す純潔な青年、岩下は汚れた魂を救いたいという気高い動機で由利に魅かれたが、由利の手管で童貞を喪失して以来、セックスに夢中になってしまう。しかも、由利までが潮をふくのだった。やがて二人の愛は真剣なものに発展しつつあったが、ある日、岩下の聖書の上に散っている精液を見た由利は、岩下を堕落させることはできない、と身を引く決心をした。一方、“メイキッス”の雇われママの順子は、客の佐山と別の店を出す計画を練っていた。これを知った文江は、経営者に密告し、順子の計画を妨害した。このことから経営者の信頼を得た文江、朱実、由利の“潮ふき三姉妹”は、これを機会に自分達の店を持つことができた。その名も“ピンクサロン・潮ふき”。立ち並ぶキャバレー、サロンの中でも、ここだけは大繁盛。それというのも、文江達のサービスが徹底し、客を歓こばしているからだ。たくましい“潮ふき三姉妹”の潮ふきの夜は、今日も明日も……。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 1975年
製作国 日本
配給 日活
上映時間 77
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

製作 伊地智啓
企画 奥村幸士
脚本 池田正一
監督 曾根中生
撮影 水野尾信正
音楽 荒野忠
美術 徳田博
録音 秋野能伸
照明 田島武志
スチール 寺本正一
編集 鍋島惇
助監督 杉田二郎

キャスト

河原文江 岡本麗
河原朱実 丘奈保美
河原由利 桂たまき
順子 秋津令子
春子 川越たまき
真弓 嬢沙菜恵
珠子 広田ゆり子
千鶴 森みどり
里見洋平 佐藤了一
佐山京一 織田俊彦
ケン立花 前野霜一郎
矢崎会長 長弘
岩下浩三 神坂ゆずる
吉岡文吉 小松方正
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
僕と世界の方程式
僕と世界の方程式

国際数学オリンピックで金メダルを目指す少年の姿を描く実話ベースの青春ストーリー

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 映画作品を探す > ホステス情報 潮ふき三姉妹