TOP > 上映中の映画作品を探す > 札幌・横浜・名古屋・雄琴・博多 トルコ渡り鳥

ソープランドを渡り歩く一人の男と女を通して、ソープランドに生きる女たちの生態をドキュメンタリー・タッチで描く。脚本は猪又憲吾、監督は脚本も執筆している「女番長 玉突き遊び」の関本郁夫、撮影は中島徹が担当。

5/5
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (1)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)
見たい映画に
登録した人
1

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

赤線が廃止されて17年の月日が流れ、世の男性のハケ口は今やソープランドに向けられている。不況の世の中にあってソープランドだけは、豪華にそして多彩になっていく。カメラはその男と女の密室といわれるソープランドへ入り込んでいく。尼僧スタイルの風俗嬢が恭しく客を迎える「尼僧ソープ」。ロビーいっぱいにジェット機の爆音が響き、中からスチュワーデス姿の風俗嬢が出てくる「スチュワーデス・ソープ」。詰襟の学生服の男子従業員、おさげ髪の風俗嬢の「女学校ソープ」。小児科、肛門科、性器吸入科等の看板を下げ、風俗嬢は看護婦スタイルの「病院ソープ」。一方、入浴料金はフルコースで一万五千~二万円。入浴法も“二輪車”“三輪車”“五輪車”と客一人に対して風俗嬢が複数になっていく。そして風俗嬢のほとんどが、稼いだ金を、自分の夢をかなえるために貯めこんでいるが、金欲しさに風俗嬢になった女性の大半は、結局、金に縛られて脱けることができなくなってしまうのだ。カメラは、75年、日本列島の北から南まで、あらゆるソープランドの種類とテクニックを追っていく。

作品データ

製作年 1975年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 82
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

企画 佐藤雅夫奈村協
脚本 猪又憲吾関本郁夫
監督 関本郁夫
撮影 中島徹
音楽 荒木一郎
録音 格畑学
照明 若木得二
編集 神田忠男
助監督 斎藤一重
ナレーション 山城新伍

キャスト

三浦ひろみ 芹明香
渡辺利夫 東龍明
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/25更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 札幌・横浜・名古屋・雄琴・博多 トルコ渡り鳥