映画-Movie Walker > 作品を探す > お姐ちゃんお手やわらかに

怪力怪女のジャジャ馬娘が誘拐されたために起きる騒動を描いた喜劇。脚本は「ルパン三世 念力珍作戦」の長野洋、監督は同作の坪島孝、撮影は「蔵王絶唱」の市原康至がそれぞれ担当。

この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

三角不動産入社式。希望に胸をふくらませた吹羽飛三は、三角社長の演説を聞いていたが、突如、倒産通知が届けられ入社式は退社式に切り替った。キャバレーでヤケ酒を飲んで大暴れした飛三は、ボーイの豚松のアパートにころがり込んだ。豚松は妹のマサコと二人暮し。飛三はそのまま居候を決めこんだ。暴力団・実録組々長の仁義は、マフィアに麻薬の代金を一週間以内に支払わなければならない。そこで仁義親分はあくどく銭儲けをした三角大五郎の一人娘・アキコを誘拐する計画をたて、かねてから組員希望の豚松に命令した。さて、豚松と飛三は三角邸に忍び込んでアキコ誘拐に成功。ところが、世間知らずのアキコは、見る事やる事、何んでも面白く、実録組直系のバーや賭場を荒し回ったあげく地下牢に入れられてしまった。マサコは豚松と飛三に自首をすすめたが、組に知られて三人共、アキコと同じ牢に放り込まれてしまった。一方、中々身代金を払わない大五郎に業を煮やした親分は、直接大五郎を脅迫した。だが、大五郎は、手のつけられない娘だから焼くなり殺すなり勝手にしてくれ、と言い出す始末。地下牢から抜け出したアキコたちは、逆に親分を人質にして、実録組に三億円を要求する。子分たちは銀行強盗までやって、親分の身代金を嫁いだが、取り引きの場所に、どこから嗅ぎつけたのか警察が現われ、実録組は全員逮捕されてしまうのだった。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 1975年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 88
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 坪島孝
製作 堀威夫笹井英男
脚本 長野洋
撮影 市原康至
音楽 あかのたちお
美術 竹中和雄
編集 井上治
録音 福島信雅
スチル 吉崎松雄
助監督 小椋正彦
照明 小島正七

キャスト

三角大五郎 多々良純
三角ヒス枝 塩沢とき
三角アキコ 和田アキ子
吹羽飛三 夏夕介
目茂豚松 鈴木ヒロミツ
目茂マサコ 森昌子
辺ナオコ 研ナオコ
実録仁義 藤村有弘
代紋大政 砂塚秀夫
役座忠治 樋浦勉
必殺一発 小島三児
チンピラ てんつくてん
胴元 田畑善彦
フルーツ・トラコン 堺正章
ミストロイヤー デストロイヤー
ポテト・チップ 松崎真
河野はじめ 阿部昇二
根野おわり ラビット関根
寝古論太 伊藤一葉
社長 坊屋三郎
総務部長 雪丘恵介
秘書嬢 カーラ・オット
バーの客 大泉滉
バーテン 高松しげお
ストリッパー 宝京子
二枚目の男 せんだみつお
映画監督 小林亜星
山口百恵 山口百恵
カプリコーン カプリコーン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > お姐ちゃんお手やわらかに