TOP > 映画作品を探す > 十代の性典'75

高校生たちが初めて異性を知り、大人になっていく過程を描いた青春ポルノ。脚本は「(秘)色情めす市場」のいど・あきお、監督は「花嫁は濡れていた」の近藤幸彦、撮影は「バージンブルース」の安藤庄平がそれぞれ担当。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ある田園都市のA高校は冬休みに入っていた。二年の西田実と水口葉子は、それぞれ童貞とバージンで、初体験の相手はお互いに、と思っているのだが、まだキス以上の関係には進展していない。西田の父が単独転勤したために、母が五日位の予定で父の元にでかけた。アパートに一人きりの実に声をかけたのが、隣りの部屋の奥さん静江。亭主が出張でいないので、実を誘惑しようとしたのだが、いざという時に亭主が帰って来たため、実は慌てて自分の部屋に戻った。数日後、実は再び静江に誘われ、童貞を失った。一方、葉子の友達の友子は、モテる葉子に嫉妬して、実に葉子の悪口を言った。怒った実は友子を力ずくで犯した。実と友子の事を知った葉子は、涙を流しながら、実の親友で、葉子に惚れている八木沢を誘い、ある旅館の一室で結ばれる。八木沢は大喜びで、実に葉子との事を話すが、その時初めて実と葉子の清い関係を知った。自己嫌悪に襲われた実は、静江のところに行くが、すげなく追い返されてしまう。すると八木沢が訪ねて来た。彼は葉子が転校する事、葉子が今だに実を慕っている事を告げるのだった。翌日、実は校庭で葉子と会っていた……。

作品データ

製作年 1975年
製作国 日本
配給 日活
上映時間 72
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

製作 三浦朗
企画 五味春雄
脚本 いどあきお
監督 近藤幸彦
撮影 安藤庄平
音楽 安達清康
美術 土屋伊豆夫
録音 秋山一三
照明 野口素胖
スチール 井本俊康
編集 鍋島淳
助監督 長谷川和彦

キャスト

水口葉子 朝倉葉子
相原友子 内藤杏子
西田実 安達清康
八木沢 沢田情児
杉森静江 川村真樹
梅崎理恵 丘奈保美
崎山 川村もりひろ
須藤先生 織田俊彦
バーテン 佐藤了一
ストリッパー 宝洋子
ストリッパー 宝孝子
ストリッパー 宝京子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/9更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > 十代の性典'75