映画-Movie Walker > 作品を探す > 少林寺拳法

日本少林寺拳法の開祖・宗道臣の波乱の半生を描いたアクション映画。脚本は「女番長 玉突き遊び」の松本功、監督は「聖獣学園」の鈴木則文、撮影は「女必殺拳 危機一発」の中島芳男がそれぞれ担当。

4/5
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (1)
星3つ 25% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

大陸雄飛を志して中国に渡り、日本軍の特務機関で活躍していた宗道臣は、少林寺義和門拳の伝法の印可を受けて、敗戦後、焦土と化しだ故国の土を踏んだ。道臣は、戦勝国の横暴に我慢できず、不正を働く輩に正義の鉄拳を下した。大阪の阿倍野にひとまず落ち着いた道臣は、浮浪児たちと共同生活を送った。不正を否定し、不法を許す道臣の教えに従う子供たちは、闇市から物を盗んではその日暮しの生活を送っていた。ある日道臣は、引き上げ船で一緒だった娘、菊と再会、以来彼女は母親代りとしてバラック小屋に住みついた。数日後、闇市を仕切る暴力団赤松組が、子供たちを痛めつけたために、激怒した道臣は、赤松組事務所にのり込み大暴れした。地元の警察と結託した赤松は道臣締め出しを計った。子供たちに難がかかる事を恐れた道臣は、菊に子供の世話を託し、阿倍野を離れた。その後、道臣は、四国・多度津に拳法の道場を開いた。暴力団岩佐組がのさばる多度津の人たちは事あるごとに道臣の道場へ足を運んだ。次第に門弟の数も増えていったが、拳士と暴力団の間には不穏な空気が流れていた。多度津の開発と称してこの地にやって来た赤松は、岩佐、地元警察を売収してひと企みするが、道臣にはばまれてしまう。怒った赤松らは道場へ乗り込むが、再び道臣の鉄拳を浴びせられるのだった……。やがて、少林寺拳法は今では全国に約二千の道院と六〇万人の拳士を擁するまでになっている。

見たい映画に
登録した人
1

作品データ

製作年 1975年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 87
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 鈴木則文
脚本 松本功
企画 吉峰甲子夫高村賢治
撮影 中島芳男
音楽 菊池俊輔
美術 中村修一郎
編集 祖田富美夫
録音 宗方弘好
スチール 遠藤努
助監督 深町秀煕
照明 山口利雄

キャスト

宗道臣 千葉真一
大滝憲太郎 佐藤允
友田弘 誠直也
三好文吾 達純一
立花光男 横山繁
河合 沢田俊彦
市原 和田真
長谷 加藤直実
坂本菊 中島ゆたか
昌子 森秋子
美穂 志穂美悦子
道臣の少年時代 春田和秀
宗吉野 北林早苗
宗としえ 小池朱実
宗ちえこ 角処由美
村山仙造 河合絃司
村山典子 星みどり
岩佐多之助 名和宏
加賀 佐藤京一
小岩 土山登士幸
竹原 安岡力也
木村 沢田浩二
三井 宮地謙吾
赤松栄 小池朝雄
松永軍次 苅谷俊介
坂井大佐 小松方正
馬賊の頭目 室田日出男
馬賊 琳大興
小早川信之 丹波哲郎
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 少林寺拳法