TOP > 上映中の映画作品を探す > 新仁義なき戦い(1974)

“仁義なき戦い”シリーズ前五部作の装いを変えた新シリーズ第一作目。広島・呉にあるやくざ組織の内部分裂、権力闘争をドキュメンタリー風に赤裸々に描いたやくざ映画。脚本は「あばよダチ公」の神波史男、と荒井美三雄、監督は「仁義なき戦い 完結篇」の深作欣二、撮影も同作の吉田貞次が担当。

4/5
総評価数 3
レビュー 0
投票 3
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (3)
星3つ 25% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)
見たい映画に
登録した人
4

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

昭和25年秋、呉・山守組若衆三好万亀夫は、親分山守義雄に敵対する土田組々長を襲撃、逮捕され十一年の刑を宣告された。三好が刑務所生活を続ける内に、山守組は膨張し、やがて派閥ができた。山守組長をバックアップする坂上元派、山守を凌ぐ勢いの若頭青木尚武派、そして中立を守る難波茂春派である。分の悪い山守は、近く出所予定の三好を自分の陣営に入れるために画策した。昭和34年春、三好が仮出所した。彼を出迎えたのは、彼を慕う若者北見登だけだった。数日後、名古屋の料亭で三好の放免祝いが行なわれたが、意外にも山守、青木、坂上、難波等が呉越同舟し、それぞれ三好を自分の陣営に入れるべく働きかけるのだった。数日後、広島最大の海津組に接近し山守に加勢しようとした難波を青木が殺した。そして、青木自身が海津組に接近、対山守の後楯になるよう計った。それから間もなく青木は三好を呉に誘った。これを青木の策謀と見ぬいた三好は、恋人同然の朝鮮人ホステス恵子を、いざという時の弾よけとして連れて呉へ向かった。青木は三好を歓待するが、その裏では子分たちに三好襲撃を命じた。恵子は三好の行動から自分が楯に使われている事を知り、三好を激しく罵ると彼のもとを去った。一方、青木は海津組々長に通じ、しかも自分の意に添う難波組若衆頭野崎満州男と縁組、さらに三好に圧力をかけ、四国・松山に後退させておいて、ついに山守を引退に追いやった。その上、難波組二代目に野崎を押し、これに反対する関勝を襲撃、重傷を負わせた。一方、権謀術策に長ける山守の巻き返しが着々と進行していた。山守は坂上を走らせ、関勝の報復を餌に、三好に青木暗殺を促した。三好は山守の魂胆を見抜くが、ここは己れが殺るか殺られるかの瀬戸際と見て取り、自らの指を詰めて海津にさし出し、青木の後楯を立ち切らせておいて、舎弟の北見及び関の残党に青木襲撃の策をさずけた。昭和34年秋、青木の主催する興行開催の日、多数の警備に囲まれて陣頭指揮する青木めがけて北見たちは突進した。壮絶な死闘が展開され、青木のとどめは、突如現われた繃帯姿の関勝が射った。数日後、山守の家で祝盃があげられ、涙を流して喜ぶ山守は、憮然とする三好に何度も頬ずりして感謝した。「有難と。有難と。わりゃあ、日本一の極道よのう」……。

作品データ

製作年 1974年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 98
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

企画 日下部五朗
原作 飯干晃一
脚本 神波史男荒井美三雄
監督 深作欣二
撮影 吉田貞次
音楽 津島利章
美術 雨森義允
録音 溝口正義
照明 中山治雄
スチール 中山健司
編集 宮本信太郎
助監督 藤原敏之

キャスト

三好万亀夫 菅原文太
山守義雄 金子信雄
難波茂春 中谷一郎
坂上元 田中邦衛
橋八郎 宍戸錠
工藤進 八名信夫
占部哲男 睦五郎
大石 佐藤京一
東尾 誠直也
北見登 渡瀬恒彦
風間 司裕介
金子 奈辺悟
落合 広瀬義宣
海津卯之吉 安藤昇
天野秀造 守田学哉
緒方正義 内田朝雄
緒方正範 名和宏
緒方組若衆 秋山勝俊
緒方組若衆 汐路章
野崎満州男 室田日出男
関勝 松方弘樹
安本金悟 西田良
笹本 志賀勝
玉井 川谷拓三
鈴木 成瀬正孝
上田 片桐竜次
山守利香 中原早苗
青木文子 松尾和子
中野恵子 池玲子
富田幸枝 橘麻紀
由美 小泉洋子
前田久雄 中村錦司
山守健一 山城新伍
根岸 宮城幸生
青木尚武 若山富三郎
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/25更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 新仁義なき戦い(1974)