映画-Movie Walker > 作品を探す > しあわせの一番星

可愛いお伝いの娘が、その底ぬけの天真欄漫さで明るくさわやかに生きていく姿を描く青春映画。脚本は「ひとつぶの涙」の石森史郎、監督は「新・同棲時代 -愛のくらし-」の山根成之、撮影は「ダメおやじ」の川又昂がそれぞれ担当。

3/5
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

十六歳の美世子は、この春、ふるさとの山々に別れをつげ、鎌倉市にある神山家にお伝いさんとして就職した。神山家は下宿屋を経営しており、下宿人は銀座のクラブでレジ係をしているジャネットとOLの沙織。神山家の当主・周造は、もと刑事部長を勤めたことのある六十一歳のガンコ爺さん。だから、一人娘の夕子が小さなおでん屋を経営する武と恋愛中と知ると、大反対するありさま。でも、さすがの周造も太陽のように明るい美世子の働きぶりにはつい頬がゆるんでしまう。ある日、武の子を身ごもった夕子は、周造と衝突して家を出てしまった。一人娘に去られた周造は寂しさを紛らわすために競艇場へ行った。そこで偶然にも、昔の部下のスリ係刑事・左近とジャネットの二人に出会った。周造は左近にジャネットを紹介した。何故か刑事と聞いてドギマギしているジャネットの美しさに、左近は一目で心を奪われてしまった。一方、美世子は、大好きな西城秀樹にそっくりなクリーニング屋の店員・英雄と仲良しになり、毎日が楽しく過ぎていた。そして、すっかりおでん屋のおかみさんにおさまった夕子に赤ちゃんが生まれたので、美世子は周造に仲直りするようにすすめるが、周造は頑として初孫を見ようとはしなかった。一方、左近は周造を通じてジャネットにプロポーズした。しかし、彼女は競艇場を稼ぎどころとするスリで、左近を愛し始めたものの、彼の前から姿を消そうとしていた。そんなジャネットの秘密を知った美世子は、ジャネットに、左近との新しい生活に飛び込むように勇気づけるのだった。やがて美世子の努力が功を奏して、左近とジャネットは結ばれた。それから数日後、美世子と英雄は、周造と夕子の赤ちゃんを対面させることに成功。初孫の顔を見た周造の胸に熱いものがこみあげ、いままでの夕子への虚勢も一度に崩れた。そんな周造を見た、美世子と英雄は顔を見合せてニッコリ微笑えんだ。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 1974年
製作国 日本
配給 松竹
上映時間 86
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 山根成之
製作 樋口清
脚本 石森史郎
撮影 川又昂
音楽 高田弘
美術 森田郷平横山豊
編集 富宅理一
録音 中村寛
スチール 赤井博且
助監督 佐光曠
照明 小林松太郎

キャスト

久慈美世子 浅田美代子
東条英雄 西城秀樹
神山周造 山形勲
神山夕子 篠ヒロコ
長谷川武 津坂匡章
ジャネット三原 ジャネット八田
佐近哲平 橋達也
橋田圭太 左とん平
夏木マリ 夏木マリ
明石沙織 中川加奈
古賀和郎 太堂昌美
古賀治郎 立花直樹
真知子 水木涼子
久慈ふき 村上記代
予想屋 三角八郎
東光生
北浦昭義
園田健二
警官 大屋満
警官 高利十一
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > しあわせの一番星