映画-Movie Walker > 作品を探す > キャプテン翼 危うし!全日本Jr.

ヨーロッパ選抜を迎えうつ翼たち全日本チームの試合を描いたTVアニメの劇場版第二作目。原作は高橋陽一の『週刊少年ジャンプ』に連載中の同名漫画。脚本は菅良幸。監督は矢沢則夫がそれぞれ担当。「東映まんがまつり」の1本として公開。

3/5
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ヨーロッパ遠征から一年。今度はヨーロッパ選抜チームが来日した。シュナイダーをはじめ、皆、一段とたくましくなっていた。しかし対する日本チームは、日向小次郎が行方不明なうえ、若林源三に出場の許可が降りていなかった。ついに試合開始。V2をめざす翼たちに猛攻撃をかけるシュナイダーたち。だが、立花兄弟のトライアングル・シュートをフェイントにして、翼がゴール! 先取点は日本チームだ。その後、ヨーロッパの大反撃が始まった。スティーブ、ピエールのロングシュートが次々と決まり、逆転。森崎は顔面にシュートを受けて倒れてしまった。競技場内に源三コールがわき起こる。とうとう出場が許可され、若林が姿を現わした。若林はシュナイダーのシュートもみごとにキャッチ。そして、日向小次郎もグラウンドに戻って来た。日向のイーグル・シュートが、ゴールキーパーのヘフナーを吹き飛ばす。ついに同点。三杉淳とのコンビで翼は、ノートラップ・ランニング・ボレー・シュートを決め、逆転に成功。しかし、試合終了まぎわ、センター・スポットからシュナイダーが超ロング・シュート「ミラージュ・ボール!」。そして延長戦。三杉の死力をつくしたアシストに翼と日向が走る。「ツイン・オーバー・ヘッド・キック!」この瞬間、日本チームのV2が達成された。

見たい映画に
登録した人
1

作品データ

製作年 1985年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 60
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 矢沢則夫
製作総指揮 福良好申
プロデューサー 江津兵太小平正夫茂垣弘道
原作 高橋陽一
脚本 菅良幸
作画監督 岡迫亘弘
音楽 飛澤宏元
美術 内田好之

キャスト

大空翼 小粥よう子
日向小次郎 鈴置洋孝
若林源三 橋本晃一
岬太郎 山田栄子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > キャプテン翼 危うし!全日本Jr.