映画-Movie Walker > 作品を探す > 男はつらいよ 柴又より愛をこめて

社長の娘を探しに行った式根島で、出会った女教師に恋をする寅次郎の姿を描くシリーズ第36作。脚本は監督も担当している「男はつらいよ 寅次郎恋愛塾」の山田洋次と同作の朝間義隆の共同執筆。撮影も同作の高羽哲夫がそれぞれ担当。

3/5
総評価数 6
レビュー 1
投票 5
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (1)
星4つ 25% (3)
星3つ 25% (2)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

かねてから結婚生活に不満をこぼしていた社長の娘あけみが家出した。思いあまった社長は、テレビの尋ね人コーナーに出演するが、本番で泣き出してしまい醜態を晒す始末。伊豆下田あたりでテレビを見ていたあけみからとらやに電話がかかる。彼女は「私は元気よ、それより寅さんに会いたいな」と言ってきた。そんな時、寅次郎がとらやに戻って来た。彼はあけみを連れ戻すべく、下田へと旅に出る。寅次郎は飲み屋街で、さくらと名乗って働いているあけみを見つけた。だが、あけみは家には帰りたくないと彼を困らせる。そして、あけみの希望で式根島に行くことになった。船の中で二人は、島の小学校の同窓会に帰るという一行と知り合う。島に着くと、彼らの教師だった真知子が笑顔で迎えた。美人の真知子に、寅次郎の頭からはあけみの存在など吹き飛んでいた。しかも、真知子が東京の下町育ちと聞いて、彼のはしゃぎぶりは手がつけられない有様となった。一方、あけみは知り合った純情な青年、茂にプロポーズされ、柴又へ帰る決心をした。あけみに脅迫された寅次郎も、泣く泣く島を出ることを承知する。しばらくして、真知子がとらやを訪ねて来た。父親の見舞いのため、一日休みをとったというのだ。彼女は死んだ親友の娘、千秋と会い誕生日のお祝いをする。そして、千秋の父親、文人から突然プロポーズされた。真知子は島に帰る日、そのことを寅次郎に相談した。話を聞いて元気を失くした彼は急に旅に出ることにする。正月、ある町で商売する寅次郎の姿があった。

見たい映画に
登録した人
5

作品データ

製作年 1985年
製作国 日本
配給 松竹
上映時間 106
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 山田洋次
製作 島津清中川滋弘
原作 山田洋次
脚本 山田洋次朝間義隆
撮影 高羽哲夫
音楽 山本直純
美術 出川三男
編集 石井巌
録音 鈴木功松本隆司
スチール 長谷川宗平
助監督 五十嵐敬司
照明 青木好文

キャスト

寅次郎 渥美清
さくら 倍賞千恵子
真知子 栗原小巻
竜造 下絛正巳
つね 三崎千恵子
前田吟
社長 太宰久雄
源公 佐藤蛾次郎
満男 吉岡秀隆
あけみ 美保純
御前様 笠智衆
酒井文人 川谷拓三
田中隆三
キャスター 森本毅郎
女子高生A 松居直美
寅の仲間 関敬六
青年A アパッチけん
青年B 光石研
麒麟堂 人見明

レビュー

式根島の自然と人情

投稿者:UE 

(投稿日:2007/1/2)

 本作品は、とにかく式根島の自然と真知子先生を中心とする島民…

[続きを読む]

支持者:1人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 男はつらいよ 柴又より愛をこめて