映画-Movie Walker > 作品を探す > 悲しきヒットマン

ヤクザに雇われた殺し屋が抗争の中で見つけた愛を描く。山口組の顧問弁護士だった山之内幸夫原作の同名ルポルタージュの映画化で、脚本は「恋子の毎日」の松本功、脚色は杉山義法が執筆。監督は「またまたあぶない刑事」の一倉治雄、撮影は「Aサインデイズ」の浜田毅がそれぞれ担当。

4/5
総評価数 2
レビュー 1
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (1)
星3つ 25% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

昭和54年、神戸。高木は三宮のバーでチンピラと喧嘩しているところを、松岡組系新井組の若頭補佐・山川に拾われて舎弟となった。めきめき頭角を表わしていった高木だったが、山川が組の金を使い込み、同じく補佐の吉田に預けられることになった。やがて吉田が組をつくり、高木は若頭となって河合という舎弟もできた。ある晩、高木はかって山川の舎弟だった頃に知り合った良子と再会。彼女も極道の妻だったが、夫を亡くして一人で息子の孝志を育てていた。良子には松岡組系畑中組の小池がちょっかいを出していたが、ロシアン・ルーレットの勝負で高木が勝ち、彼女を自分のものにした。やがて二人は結婚し、孝志の下に女の子を設けた。しかし、束の間の幸せも抗争によって引き裂かれていく。吉田は借金で破滅し、組は解散。高木らは新井組内秀政組組長・木下の舎弟となった。高木はある日借金の取立てに行き、そこで山川と再会。高木は手榴弾一個をもらって帰ってきた。山田政彦が松岡組四代目を襲名すると、組では南原が正和会をつくって分裂。松岡組に残った高木が正和会系北心会の西川会長を襲って抗争は激化。山川は高木のためにとフィリピンへ武器の調達へ行くが交渉に失敗し、帰国途中の飛行機で自殺を図り爆死した。高木は舎弟の河合も殺され、南原を狙うが失敗し、家族と別れ服役することになった。

見たい映画に
登録した人
1

作品データ

製作年 1989年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 一倉治雄
製作 俊藤浩滋高岩淡
プロデューサー 厨子稔雄
原作 山之内幸夫
脚本 松本功
脚色 杉山義法
企画 天尾完次
撮影 浜田毅
音楽 大野雄二
松尾和美
美術 佐野義和
編集 市田勇
録音 伊藤宏一
スチール 中山健司
助監督 南光
照明 安藤清人

キャスト

高木昇 三浦友和
宮沢良子 萬田久子
河合周平 松村雄基
東友也 長倉大介
野本節子 池波志乃
白井真紀 星真理
木下秀政 誠直也
小池豊和 本田博太郎
新井栄 睦五郎
横山幹夫 片桐竜次
西川保夫 綿引勝彦
細川 品川隆二
山之内 山之内幸夫
南原研助 中村錦司
アケミ 高樹陽子
食堂女主人 正司歌江
スチュワーデス 松尾和美
山川正男 成田三樹夫
吉田征二 名高達郎

レビュー

男の本質 & 家族愛

投稿者:たっくん

(投稿日:2014/3/22)

映像も音楽も昭和の匂いがぷんぷんする作品です。今では見なくな…

[続きを読む]

支持者:0人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
劇場版おっさんずラブ LOVE or DEAD
劇場版おっさんずラブ

男性同士のピュアな恋模様を描いた人気TVドラマ「おっさんずラブ」のその後の物語

台風家族
台風家族

草なぎ剛主演で10年ぶりに集まった兄弟たちが繰り広げるある真夏の1日の騒動を描く

人間失格 太宰治と3人の女たち
人間失格

小栗旬が太宰治を演じ、小説「人間失格」誕生にまつわる物語を蜷川実花監督で映画化

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 悲しきヒットマン