映画-Movie Walker > 映画作品を探す > 風の又三郎 ガラスのマント

村の分教場に転校してきた風の又三郎と子供達との交流を描く。宮澤賢治原作の童話『風の又三郎』の映画化で、脚本・監督は「花園の迷宮」の伊藤俊也、共同脚本は「華の乱」の筒井ともみ、撮影は「ラスト・キャバレー」の高間賢治がそれぞれ担当。

4/5
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (1)
星3つ 25% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

東北の山間の村にかりんは母と二人暮らし。だが、父方の祖父は病弱な母を療養所に入れ、かりんを引き取ろうとしていた。旧盆の日、かりんは祖父の使いの男の靴を森へ隠しに行った。大樹の側で眠っていると歌が聞こえてきて、少年が立っていた。新学期、かりんの分教場に森の中で会った少年が転校してきた。高田三郎と名乗る少年は二百十日の風の日にやってきたので“風の又三郎”と呼ばれた。かりんは祖父の屋敷から父の遺品の懐中時計を持ち出し、森の丸太小屋に住む又三郎を訪ねて修理してもらった。ある日の放課後、一郎が兄の牧場に皆を誘ってくれた時のこと。嘉助が馬を追って谷底へ落ちてしまった。必死に這い上がろうとする嘉助が見たのは、マントを広げて大空に舞い上がる又三郎の姿だった。その夜かりんは又三郎から歌を習った。すると不思議にかりんの不自由だった左の耳にも聞こえたのだった。分教場では又三郎をめぐって子供達が対立し、河原で決闘することになった。嘉助は又三郎に風を起こさせようとするが駄目だった。その時対岸で発破の音がした。子供達は魚を漁っているタバコ専売局の男に抗議するが逆に威嚇されてしまう。ところがどこからか一陣の風が吹いて男の帽子が飛ばされた。又三郎が木の上で口笛を吹くと風は勢いを増して、やがて嵐になった。翌朝、かりんが分教場へ行くと、又三郎はまた転校していった。その日は二百二十日の風の日だった。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 1989年
製作国 日本
配給 日本ヘラルド映画
上映時間 107
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

製作総指揮 一柳東一郎前野徹古川爲之
企画 中野純岡道明古川博三
プロデューサー 原正人柘植靖司
原作 宮澤賢治
脚本 筒井ともみ伊藤俊也
監督 伊藤俊也
監修 入沢康夫
撮影 高間賢治
音楽 富田勲
美術 村木忍
録音 橋本泰夫
照明 安河内央之
スチール 原田大三郎
編集 鈴木晄
助監督 岡田敏夫
製作協力 テレビ朝日
製作プロダクション ヘラルド・エース

キャスト

かりん 早勢美里
又三郎 小林悠
一郎 志賀淳一
嘉助 雨笠利幸
悦治 宇田川大
佐太郎 知久忠
耕助 塚根慶祐
ちえ 唐木チエ
良作 高橋良児
たえ 臺妙子
あゆ 渡辺歩
かよ 清水万里
佐助 高橋覚
とも 柵橋知子
亮太 斉藤亮太
竹蔵 反田考幸
勇治 土倉有貴
あい 大野愛
病院の少女 服部ジュン
ぺ吉 西野学
専売局(?)の男 すまけい
おたね婆 樹木希林
大旦那の使いの男 岸部一徳
かりんの祖父(大旦那) 内田朝雄
かりんの母 檀ふみ
又三郎の父 草刈正雄
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
星屑の町
星屑の町

売れないムード歌謡コーラスグループの悲哀を描いた舞台「星屑の町」シリーズを映画化

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインを主人公に描くアクション

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 映画作品を探す > 風の又三郎 ガラスのマント