TOP > 映画作品を探す > 文学賞殺人事件 大いなる助走

文学賞を受賞できなかった若い同人誌作家が、選考委員の作家たちを殺していく様子を描く。筒井康隆の小説『大いなる助走』の映画化で、脚本・監督は「塀の中のプレイ・ボール」の鈴木則文、共同脚本は「徳川の女帝 大奥」の志村正浩と「団鬼六 妖艶能面地獄(1988)」の掛札昌裕、撮影は「ドン松五郎の大冒険」の米原良次がそれぞれ担当。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
3

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

地方都市・焼畑市の大徳商事に勤める市谷京二は、ある日美しい大学教授夫人・時岡玉枝と知り合ったのが縁で同人誌「焼畑文芸」に参加した。メンバーは主宰者で貧しい文具店主・保又一雄、有閑マダム・山中道子、女たらしの文学青年・大垣義郎、文学少女・徳永美保子ら癖者ばかり。市谷は大徳商事の内幕を題材に「大企業の群狼」を書いて合評会に出席したが、同人誌のメンバーは足の引っ張り合いをする始末。しかし「大企業の群狼」は認められ、文芸雑誌「文学海」に掲載された。市谷は内幕を暴露したことで会社を首になり、顧問をしていた父親から勘当されるが、作品のほうは高く評価されて文壇の登竜門・直本賞候補にもなった。市谷は直本賞世話人・多聞や「群盲」編集長・牛膝のアドバイスを受けて賞取りに奔走。選考委員で男色家の雑上掛三次にはお尻の童貞を、女狂いの坂氏疲労太には恋人の玉枝を捧げてリベートも贈った。しかし、選考会の結果は落選。直本賞にはお嬢様作家・櫟沢美也が選ばれた。市谷は逆上して選考委員を一人一人猟銃で射殺していくのだった。

作品データ

製作年 1989年
製作国 日本
配給 東映クラシックフィルム
上映時間 129
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

製作 鈴木早苗
プロデューサー 横山和幸
原作 筒井康隆
脚本 志村正浩掛札昌裕鈴木則文
監督 鈴木則文
撮影 米原良次
美術 北川弘
録音 辻健太郎
照明 小林芳雄
スチール 古賀慎二高野大
編集 中野博
助監督 藤原幣吉
製作協力 エスティー企画

キャスト

市谷京二 佐藤浩市
徳永美保子 甲斐えつ子
大垣義郎 石橋蓮司
山中道子 泉じゅん
鍋島智秀 水島涼太
土井正人 粟津號
善上線引 小松方正
鰊口冗太郎 南原宏治
雑上掛三次 梅津栄
坂氏疲労太 由利徹
明日滝毒作 汐路章
海牛綿大艦 天本英世
賀茂正樹 中丸新将
多聞伝伍 ポール牧
櫟沢美也 林美里
市谷英一郎 渥美國泰
市谷英之 ラサール石井
市谷百合子 松本典子
大垣愼 杉山とく子
保又加津江 宮下順子
明美 藤山律子
奈村係長 名引直寿
ネットワーク女子 片桐はいり
鱶田平造 早川保
小坂 胡桃沢耕史
萩原 団鬼六
眉子 八神康子
谷本刑事 誠直也
牛膝太郎 山城新伍
SF作家 筒井康隆
時岡玉枝 中島はるみ
保又一雄 蟹江敬三
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/14更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > 文学賞殺人事件 大いなる助走