TOP > 上映中の映画作品を探す > 螢(1989)

横浜を舞台にチンピラたちの青春と純愛を描く。脚本・監督は「疵」の梶間俊一、共同脚本は同作の塙五郎、撮影は「ガラスの中の少女(1988)」の飯村雅彦がそれぞれ担当。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
2

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

横浜のヤクザ。新光会の幹部島田謙次が、麻子に会ったのは七年前のまだ駆け出しの頃だった。謙次は港北組のチンピラだったが、組は突然解散。幹部の二宮は関東連合へ移り、同じ幹部の楠原は謙次と秀夫を連れて新光会へ移った。謙次はある日、ピンクサロンのホステス麻子を力ずくで犯したが、彼女の天使のような優しさに惚れたのだった。謙次と秀夫はキャッチバー「黒猫」を始めたが、麻子は刑事に捕まってしまう。「黒猫」に戻った麻子は、ピンサロの仲間の洋子から二〇万円をだまし取られ、謙次に殴られた。謙次は兄貴分、楠原のために無理な取り立てに奔走した。しかし、楠原はこの金で関東連合の賭場で負け越し、二宮に五〇〇万円の借りを作ってしまう。謙次は金をつくるために身を切るような思いで、麻子をソープランドに売った。楠原は二宮に金を返しに行くが、無惨にも殺されてしまう。謙次は家族旅行を楽しむ二宮を列車の中で刺殺。七年の刑期を終えて出所した謙次は洋子から麻子の消息を聞くが、彼女は悪い男に引っかかりシャブ中にされて、今はサナトリウムで療養中の身だった。謙次は麻子を訪ねたが、かすかに記憶がよみがえったようだった。

作品データ

製作年 1989年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

製作 元村武大谷晴通
企画 翁長孝雄
プロデューサー 佐藤和之河瀬光見留多佳城吉川愛美
脚本 塙五郎梶間俊一
監督 梶間俊一
撮影 飯村雅彦
音楽 佐久間英正
音楽プロデューサー 石川光
美術 桑名忠之
録音 林鉱一
照明 梅谷茂
スチール 加藤光男
編集 西東清明
助監督 石毛好夫

キャスト

島田謙次 柳葉敏郎
麻子 南果歩
木内秀夫 布施博
洋子 辻沢杏子
二宮 益岡徹
ひろし 小沢仁志
横山 内藤剛志
橋本 原田芳雄
夏子 立花理佐
トキ子 萬田久子
楠原 ジョニー大倉
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/22更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 螢(1989)