映画-Movie Walker > 作品を探す > 釣りバカ日誌

釣りキチの会社員と初老の社長とのふれあいを描く。やまさき十三北見けんいちの同名漫画の映画化で、脚本は「ダウンタウンヒーローズ」の山田洋次と、桃井章が共同で執筆。監督は「愛しのチィパッパ」の栗山富夫、撮影は安田浩肋がそれぞれ担当。

3/5
[?]評価方法について
総評価数 7
レビュー 0
投票 7
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 0% (0)
星4つ 16% (1)
星3つ 100% (6)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

釣りキチのサラリーマン・浜崎伝助は、ある日高松から東京本社へ転勤を命じられた。伝助が愛妻みち子と共に引っ越したのは北品川の釣り宿の2階だった。伝助を迎えた鈴木建設の営業三課では、なんとなく彼の怠慢病が蔓延してきている。昼に伝助は食堂で社長の鈴木一之助と知り合ったが、お互いに素姓は知らない。二人は意気投合し、釣りに行く約束をした。釣りの日一之助は伝助の家でもてなしを受けた。伝肋もみち子も一之助を孤独であまり裕福ではない老人と錯覚したのだ。一之助は教えてもらった電話番号から伝助が自分の会社の社員であることを知る。ある日、みち子は伝肋の忘れ物を会社へ届けに行き一之助の正体を知った。伝助とみち子は複雑な気持だった。やがてまた転勤の季節になり伝助は高松へ戻ることになった。伝助は車中から一之助に電話を入れて友情を誓うのだった。

見たい映画に
登録した人
10

作品データ

原題 Free and Easy
製作年 1988年
製作国 日本
配給 松竹
上映時間 93
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 栗山富夫
製作 山内静夫
プロデューサー 瀬島光雄中川滋弘
原作 やまさき十三北見けんいち
脚本 山田洋次桃井章
企画協力 日本映像
撮影 安田浩助
音楽 三木敏悟
美術 重田重盛
編集 鶴田益一
録音 高橋和久
スチール 赤井博且
助監督 梶浦政男
照明 飯島興一

キャスト

浜崎伝助 西田敏行
浜崎みち子 石田えり
佐々木和男 谷啓
久美子 山瀬まみ
戸川純
草森秘書 園田裕久
前原運転手 笹野高史
秋山専務 前田武彦
小池常務 児玉謙次
福間人事部長 大塚国夫
野口所長 名古屋章
柏木課長 鈴木ヒロミツ
善吉 江戸家猫八
八郎 アパッチけん
鈴木久江 丹阿弥谷津子
鈴木一之肋 三國連太郎

『釣りバカ日誌』(22作品)

釣りバカ日誌20 ファイナル
釣りバカ日誌20 ファイナル (2009年12月26日公開)

西田敏行×三國連太郎の国民的人気シリーズ映画20作目の最終章

釣りバカ日誌19 ようこそ!鈴木建設御一行様
釣りバカ日誌19 ようこそ!鈴木建設御一行様 (2008年10月25日公開)

大分県を舞台に、常盤貴子をゲスト女優に迎えたシリーズ19作目

釣りバカ日誌18 ハマちゃんスーさん瀬戸の約束
釣りバカ日誌18 ハマちゃんスーさん瀬戸の約束 (2007年9月8日公開)

岡山県を舞台に、檀れいをゲスト女優に迎えたシリーズ18作目

釣りバカ日誌17 あとは能登なれ ハマとなれ!
釣りバカ日誌17 あとは能登なれ ハマとなれ! (2006年8月5日公開)

石川県を舞台に、石田ゆり子をゲスト女優に迎えたシリーズ17作目

  • 釣りバカ日誌イレブン (2000年2月5日公開)

    おなじみの釣りバカコンビ・浜ちゃんとスーさんが巻き起こす騒動を、沖縄を舞台に描いた人気コメディ・シリーズの通算第13弾。

  • 花のお江戸の釣りバカ日誌 (1998年12月23日公開)

    おなじみハマちゃんとスーさんのコンビが繰り広げる人情喜劇シリーズの第12弾となる、時代劇作品。

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 釣りバカ日誌