映画-Movie Walker > 作品を探す > 死線を越えて 賀川豊彦物語

大正から昭和にかけて活躍したキリスト教社会運動家賀川豊彦の半生を描く。脚本は賀川豊彦原作の小説「死線を越えて」と武藤富男の「評伝賀川豊彦」を元に「極道の妻たちII」の高田宏治と「あっこちゃんの日記」の山田典吾が共同で執筆。監督は同作の山田、撮影は「ナオミ」の高村倉太郎がそれぞれ担当。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

熱心なキリスト教信者の賀川豊彦は医者から2年の命と宣告され、命ある限り人に奉仕しようと神戸の貧民窟に移り住んだ。しかし、そこに住む人々は皆賀川から金をかすめ取ろうとする。ある日家財道具をすべて盗まれてしまった。そんな時行き倒れの出口が運び込まれ賀川は極貧の中で助けてやった。出口は恩人・賀川の弟子となり賀川はさらに貧しい人々のために尽くした。賀川は煙突掃除の仕事をしている時、印刷工場で働くキリスト教信者のハルと知り合った。ハルはトラホームで片目が不自由ながら人のために尽くし、賀川はこの人こそ自分の伴侶と信じて結婚を申し込んだ。賀川はその後貧困を根本的に直そうとアメリカへ留学。労働組合の勉強へ出かけた。そして帰国後、川崎、三菱両造船の日本初の大ゼネストの指導者となった。賀川が労働運動に身を投じ、何度か投獄もされたが、民衆のために戦った。しかし、キリスト教的平和主義者の賀川は労働運動が激化する中で、協同組合や農協などの創立に力を注ぐようになった。生涯に二、三度と死を宣告された賀川は72歳で永眠するまで神を愛し民衆を愛した。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 1988年
製作国 日本
配給 その他
上映時間 127
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

キャスト

賀川豊彦 国広富之
芝ハル 黒木瞳
小秀 松原千明
石本安吉 長門裕之
正木虎太郎 橋本功
出口正男 小倉一郎
篠田藤助 大村崑
丸井徳次 石倉三郎
星セント
南郷 星ルイス
前島源蔵 綿引勝彦
野坂参三 宮川一朗太
たけ 清水まゆみ
谷松スエ 相生千恵子
中林貞男 山内賢
小泉秀吉 長谷川哲夫
長谷川保 牟田悌三
お清 田中由紀
傷辰 粟津號
しか 珠瑠美
いく マキノ佐代子
伊藤悌次 皆川衆
つる 服部美也子
小川清澄 石川和夫
ナレーター 石坂浩二
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
劇場版おっさんずラブ LOVE or DEAD
劇場版おっさんずラブ

男性同士のピュアな恋模様を描いた人気TVドラマ「おっさんずラブ」のその後の物語

台風家族
台風家族

草なぎ剛主演で10年ぶりに集まった兄弟たちが繰り広げるある真夏の1日の騒動を描く

人間失格 太宰治と3人の女たち
人間失格

小栗旬が太宰治を演じ、小説「人間失格」誕生にまつわる物語を蜷川実花監督で映画化

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 死線を越えて 賀川豊彦物語