映画-Movie Walker > 作品を探す > 悪徳の栄え(1988)

犯罪者ばかりの劇団がマルキ・ド・サドの「悪徳の栄え」を演じる様子を虚構と現実を交錯させながら描く。マルキ・ド・サド原作の同名小説の映画化で、脚本は「1999年の夏休み」の岸田理生が執筆。監督は「帝都物語」の実相寺昭雄、撮影は同作の中堀正夫がそれぞれ担当。

4/5
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (1)
星3つ 25% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

昭和10年の秋。不知火候爵の家では宴が開かれていた。不知火候爵、珠江夫人、財閥の首魁・花輪相平、大審院の裁判長・湯神首男、女伯爵・玉伏森子らは皆犯罪者であり、白縫劇場の劇団員なのだ。そして今はマルキ・ド・サド原作の「悪徳の栄え」の稽古に励んでいた。劇中、悪徳の女・ジュリエットに扮した珠江がサンファン大公役の花輪を鞭打つ。泥棒ドルヴァル役の新人・犯は候爵の命令で珠江を犯し、喫茶店で小学校校長を毒殺した。劇中、候爵扮するノアルスイコはジュリエットの父親を破産させて死に追いやるが、現実には両親を失くして娼婦となった珠江を候爵が妻にしたのだ。白縫劇場でシモン夫人役の女優が射殺された。候爵は珠江と犯が情を通じ合っているのを知って嫉妬するが、珠江が台本にない芝居をして候爵を狼狽させる。犯が殺人犯として逮捕され、珠江は候爵に助けを求め、悪徳の女・ジュスティーヌと二役することになった。居間で抱き合う全裸の犯と珠江を候爵の刃が貫く。2・26事件が起こり、白縫劇場の舞台では候爵が一人でピエロ=マルキ・ド・サドを演じていた。

見たい映画に
登録した人
1

作品データ

製作年 1988年
製作国 日本
配給 にっかつ
上映時間 96
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 実相寺昭雄
プロデューサー 伊藤秀裕
原作 マルキ・ド・サド
脚本 岸田理生
撮影 中堀正夫
音楽 松下功
美術 池谷仙克
編集 井上治
録音 木村瑛二
スチール 渡辺亨
助監督 北浦嗣巳
照明 牛場賢二

キャスト

不知火珠江 李星蘭
不知火鬼一 清水紘治
牧野公昭
花輪相平 石橋蓮司
湯神首男 寺田農
玉伏森子 米沢美知子
はる 橘玖海子
なつ 木築沙絵子
ふゆ 前原祐子
モヨ 杉下なおみ
知奈美 河辺かすみ
料理長 日野利彦
娼館の女主人 山梨ハナ
珠江の客の老商人 吉原正皓
園田るい子 中島葵
白崎麻子 東丘出陽
磯辺浅 佐野史郎
原保美
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
世界から希望が消えたなら。
世界から希望が消えたなら。

赤羽博監督がメガホンを取り竹内久顕が映画初主演する余命宣告を受けたある男の物語

ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 悪徳の栄え(1988)