TOP > 映画作品を探す > SO WHAT

ロックが好きな4人の男子高校生の恋愛や友情など青春群像を描く。大友克洋原作の同名漫画の映画化で、脚本は「バツ&テリー」の平野靖士と「Theえれくと」の水谷俊之(村松悟)と「不可思議物語 FANTASTIC COLLECTION」(「ワン・ステップ・ビヨンド」「猫はよく朝方帰ってくる」)の山川直人が共同で執筆。監督は同作の山川、撮影は「噛む女」の篠田昇がそれぞれ担当。

4/5
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (1)
星3つ 25% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)
見たい映画に
登録した人
2

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ヒロシ、エージ、ショータローはロックが大好きな田舎の高校生。ある日、東京からアキラが転校してきてバンドに加わった。4人とも陸上部のミツコに憧れていたが、文化祭の打ち上げで彼女が農校の番長ヨウスケと付き合っていることを知った。中でもミツコに入れ込んでいたのはショータローだった。ヒロシにはユーコというガールフレンドができ、アキラはスナックのママ、ミカとよろしくやっていた。ある晩4人はミツコとヨウスケが車の中で抱き合っているのを見てしまう。翌朝ヒロシはショータローをかばってミツコを罵るが、彼女は「ヨウスケが好きなだけ」と泣き叫んだ。落ち込んだ4人は運命や死について考えた。そしてコンサートを開こうという話が持ちあがったが、当日、担任の近藤が乗り込んできて中止されてしまう。ヒロシは家出を決意し、3人に別れを告げて旅立った。

作品データ

製作年 1988年
製作国 日本
配給 松竹
上映時間 98
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

製作 野津修平
プロデューサー 森重晃田中博道末吉博彦本村眞章
原作 大友克洋
脚本 平野靖士水谷俊之山川直人
監督 山川直人
撮影 篠田昇
音楽監督 寺島泰彦
美術 細石照美
録音 弦巻裕
照明 淡路俊之
スチール 久井田誠
編集 鈴木歓
助監督 福岡芳穂
製作協力 鎌倉スーパーステーション
主題曲 ヒルビリーバップス

キャスト

北島ヒロシ 南渕一輝
南田アキラ 東幹久
西山エージ 岸田真弥
東ショータロー 矢野泰二
篠原ミツコ 安原麗子
野口ユーコ 北岡夢子
西山ヨーコ 本田理沙
吉村ミカ 室井滋
近藤 塩野谷正幸
北島良明 石橋蓮司
北島勝江 山口美也子
北島耕三 東野英治郎
ヨウスケ 大場朋之
古典の女教師 深浦加奈子
篠原邦夫 戸浦六宏
住職 竹中直人
数学教師 奥村公延
農校教師 流山児祥
ロックバンド Right Stuff
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/10更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > SO WHAT