映画-Movie Walker > 作品を探す > 火垂るの墓(1988)

終戦間近の神戸で親を失くした幼い兄弟が必死で生き抜こうとする姿を描く。野坂昭如原作の同名小説のアニメ化で、脚本・監督は「柳川堀割物語」の高畑勲、作画監督は近藤喜文がそれぞれ担当。

4/5
[?]評価方法について
総評価数 75
レビュー 6
投票 69
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 77% (21)
星4つ 100% (27)
星3つ 74% (20)
星2つ 18% (5)
星1つ 7% (2)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

終戦近い神戸は連日、B29の空襲に見舞われていた。幼い兄妹・清太と節子は混乱のさなか、母と別れ別れになった。清太が非常時の集合場所である国民学校へ駆けつけると、母はすでに危篤状態で間もなく息絶えてしまった。家を焼け出された兄妹は遠縁に当たる未亡人宅に身を寄せた。しかし、うまくいっていた共同生活も、生活が苦しくなるとしこりが出てきた。未亡人は学校へ行かず、防火訓練にも参加しないでぶらぶら遊んでいる二人に対して不満をぶつけるようになった。清太は息苦しい毎日の生活が嫌になり、ある日節子を連れて未亡人の家を出た。そして、二人はわずかの家財道具をリヤカーに積み、川辺の横穴豪へ住みついた。兄妹は水入らずで、貧しくとも楽しい生活を送ることになった。食糧は川で取れるタニシやフナ。電気もないので明りには、蛍を集めて瓶に入れていた。節子は幼心に母の死を知っており、蛍の墓を見ながら偲ぶのだった。しかし、楽しい生活も束の間、やがて食糧も尽き、清太は畑泥棒までやるようになった。ある晩、清太は畑に忍び込んだところを見つかり、農夫にさんざん殴られたあげく、警察につき出されてしまった。すぐに釈放されたものの、幼い節子の体は栄養失調のため日に日に弱っていった。清太は空襲に紛れて盗んだ野菜でスープを作り、節子に飲ませたが、あまり効果はなかった。ある日、川辺でぐったりしていた節子を清太は医者に診せたが、「薬では治らない。滋養をつけなさい」と言われただけだった。昭和20年の夏、日本はようやく終戦を迎えた。清太らの父は海軍にいたが、生還する望みは薄かった。清太は銀行からおろした金で食糧を買い、節子におかゆとスイカを食べさせるが、もはや口にする力も失くしていた。節子は静かに息をひき取り、清太は一人になったが、彼もまた駅で浮浪者とともにやがてくる死を待つだけだった。

見たい映画に
登録した人
45

作品データ

原題 Tombstone for Fireflies
製作年 1988年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 88
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 高畑勲
製作 佐藤亮一
プロデューサー 原徹
原作 野坂昭如
脚本 高畑勲
企画 佐藤亮一
作画監督 近藤喜文
キャラクターデザイン 近藤喜文
音楽 間宮芳生
編集 瀬山武司
レイアウト 百瀬義行
音響効果 大平紀義伊藤道広
キャラクター色彩設計 保田道世
音響監督・音響演出 浦上靖夫
整音 大城久典
美術監督 山本二三
撮影監督 小山信夫
制作 スタジオジブリ
制作デスク 押切直之
制作担当 上田真一郎
宣伝プロデューサー 徳山雅也

キャスト

清太 辰巳努
節子 白石綾乃
志乃原良子
未亡人 山口朱美

レビュー

原作を見事に映像化している

投稿者:tocky

(投稿日:2018/01/21)

高畑監督のディテールへのこだわりには感心した。概ね原作に忠実…

[続きを読む]

支持者:0人

何度みても感動する

投稿者:佑麻ママ

(投稿日:2013/12/25)

今の時代が便利、かつ裕福な時代だからこそ 見て欲しい映画と思…

[続きを読む]

支持者:0人

関連ニュース

アニメ界の巨匠・高畑勲監督の素顔を知る2人が、出会いと思い出を振り返る
アニメ界の巨匠・高畑勲監督の素顔を知る2人が、出会いと思い出を振り返る(2018年10月30日 06:30)

現在開催中の第31回東京国際映画祭で29日、今年4月に逝去した高畑勲監督の特集上映として遺作となった『かぐや姫の物語』(13)が上映。上映後のトークショーに本作…

『火垂るの墓』放送に合わせて読みたい!藤津亮太が高畑勲監督のアニメ演出を分析
『火垂るの墓』放送に合わせて読みたい!藤津亮太が高畑勲監督のアニメ演出を分析(2018年4月13日 13:15)

高畑勲監督が4月5日に肺がんで亡くなって一週間。国内外から哀悼のメッセージが発信され、今夜21:00からの「金曜ロードSHOW!」では急遽、監督の代表作『火垂る…

【追悼・高畑勲】アニメーションの豊かさを信じ続けた天性の“演出家”、その功績を辿る
【追悼・高畑勲】アニメーションの豊かさを信じ続けた天性の“演出家”、その功績を辿る(2018年4月6日 11:38)

『火垂るの墓』『平成狸合戦ぽんぽこ』などで知られる映画監督の高畑勲が4月5日、82歳でこの世を去った。彼の盟友・宮崎駿が生粋のアニメーターであるとするならば、東…

フォトギャラリー

『スタジオジブリ』(28作品)

レッドタートル ある島の物語
レッドタートル ある島の物語 (2016年9月17日公開)

スタジオジブリ製作、アカデミー賞短編アニメ映画賞受賞の監督によるアニメーション

思い出のマーニー
思い出のマーニー (2014年7月19日公開)

英作家ジョーン・ロビンソンの児童文学を原作にしたスタジオジブリのアニメーション

かぐや姫の物語
かぐや姫の物語 (2013年11月23日公開)

日本最古の物語とされる「竹取物語」を基にした、高畑勲14年ぶりの監督作

夢と狂気の王国
夢と狂気の王国 (2013年11月16日公開)

砂田麻美監督、スタジオジブリの制作現場に密着した劇映画

  • 風立ちぬ (2013年7月20日公開)

    宮崎駿監督、零式艦上戦闘機の開発者・堀越二郎の青春時代を描くアニメ

  • コクリコ坂から (2011年7月16日公開)

    宮崎駿企画、スタジオジブリ製作、東京オリンピックを目前に控えた1963年を描くアニメ

  • 崖の上のポニョ (2008年7月19日公開)

    金魚姫のポニョと5歳の男の子の交流を描く宮崎駿監督のアニメ

  • ゲド戦記 (2006年7月29日公開)

    宮崎駿の息子、宮崎吾朗監督による壮大なファンタジーのアニメ映画

  • ハウルの動く城 (2004年11月20日公開)

    倍賞千恵子・木村拓哉の声の出演も話題の、宮崎駿監督作

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 火垂るの墓(1988)