映画-Movie Walker > 映画作品を探す > 街は虹いろ子ども色

田舎から東京へ引っ越してきた少女と東京の子どもたちの友情と成長を描く。脚本は「母さんの樹」の山形雄策と「ボクちゃんの戦場」の大澤豊と、小林佐智子が共同で執筆。監督は「ボクちゃんの戦場」の大澤豊、撮影は「い・ん・び」の野田悌男がそれぞれ担当。

5/5
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (1)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

東京・新宿の高層ビルを望む一角に古い街並がある。そこにヒロシ(小学5年)や腕白なテツ(小学6年)とその仲間たちが住んでいた。あるときジュン(小学5年)という明るく快活な女の子が転校してきた。彼女はヒロシやノブ、ユカリなど低学年の子供たちともすぐ仲よくなった。ジュンの父・龍太郎は画家で、子供たちのために日曜アトリエを開いた。楽しそうに遊ぶジュンやヒロシたちを見て、面白くないのはツッパリのテツたち。街はずれに“お化け屋敷”と呼ばれる古ぼけた家がある。そこには太田漢という坊さんが孫のクウという男の子と住んでいた。漢じいさんやクウと知り合ったジュンとヒロシたちは、屋敷の庭を借りて「ベットサービス・カンパニー」をつくり、犬や猫など家で飼いたくても飼えない子供たちのために預かることにしたのである。たちまち街で評判になり、庭はいろいろな動物でいっぱいになった。あるときテツのグループが嫌がらせに爆竹を鳴らしながら殴り込んできた。逃げまどう子供たちや動物で、街は大騒ぎ。その上焚火が燃えひろがりボヤまで起こしてしまった。「ペットサービス・カンパニー」は一転して住民から非難を浴びるようになった。ジュンの親たちは理解を示してくれたが、だんだん子供たちは散り、ヒロシもやる気をなくし、ジュンはがっかりするのだった。しかし、その間クウと意外にもテツが残った動物の世話をしてくれていた。テツも騒ぎを起こしたことを反省しているのだ。「ペットサービス・カンパニー」を再開しようとしたが屋敷のある土地は大手の不動産会社に売られており、勝手に使用することはできなくなっていた。漢じいさんやクウもいずれは立ち退かなければならない。その売買には地元の不動産屋であるテツの父・忠もからんでいた。強引な工事が始まろうとするとき、子供たちは地元の大人たちの応援を得て座り込みを始めた。テツも親父に工事の中止を頼むが受けつけてくれない。しかし、子供たちの情熱に打たれたのか一部始終を見ていた不動産会社の人が当分の間自由に使ってもいいという許可を出してくれた。その後、ヒロシは神戸へと引っ越して行ったが、ヒロシとジュンは少年団のサマーキャンプで再会するのだった。

見たい映画に
登録した人
1

作品データ

原題 Rainbow City-Tokyo
製作年 1987年
製作国 日本
配給 共同映画=独立映画センター=東京フィルムズ=にっかつ児童映画配給協議会
上映時間 98
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

製作 西村豊治大澤豊
企画 親子映画東京連絡会
プロデューサー 山際芳夫栗原いそみ
脚本 小林佐智子山形雄策大澤豊
監督 大澤豊
撮影 野田悌男
音楽 佐藤勝森本浩正
美術 春木章
録音 北村峰晴
照明 加藤松作
スチール 吉田一法
編集 山田真司
助監督 朝倉祐次

キャスト

神崎ジュン 近藤絵麻
神崎龍太郎 嵐圭史
神崎ゆう 風見章子
神崎みほ 芹洋子
立花宏 和田求由
立花和美 二木てるみ
立花眞也 樫原哲也
佐野信彦 古場和正
佐野よし子 海老名美どり
佐野清 赤塚真人
佐野彩 森田波
安田徹夫 谷田真吾
安田忠 ケーシー高峰
太田空 浜野孝之
太田漢 内田朝雄
村山先生 中本賢
村山かおり 岡谷章子
テレビキャスター 帯淳子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
僕と世界の方程式
僕と世界の方程式

国際数学オリンピックで金メダルを目指す少年の姿を描く実話ベースの青春ストーリー

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 映画作品を探す > 街は虹いろ子ども色