映画-Movie Walker > 作品を探す > 1999年の夏休み

全寮制の学院に学ぶ美少年たちの愛と憎しみを描く。萩尾望都作の漫画『トーマの心臓』をモチーフに「ベッドタイムアイズ」の岸田理生が脚本を執筆。監督は「山田村ワルツ」の金子修介、撮影は「ビリィ・ザ・キッドの新しい夜明け」の高間賢治がそれぞれ担当。2018年7月28日より30th Anniversary デジタルリマスター版が全国順次公開(配給:アニプレックス)。

4/5
[?]評価方法について
総評価数 9
レビュー 2
投票 7
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (6)
星4つ 0% (0)
星3つ 50% (3)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

山と森に囲まれたある全寮制の学院に少女のように美しい14、15歳の少年達が同居生活を送っていた。初夏、悠という少年が湖に飛び込んで自殺した。夏休みになってほとんどの生徒は家へ帰ったが、和彦、直人、則夫の3人は寮に残った。悠は和彦にほのかな愛を寄せて何度も手紙を書いた。それはまだ愛と呼ぶには幼く決して性的なものではなかったが、和彦は拒絶し自分を遠くから見つめることさえ禁じた。そして、悠は自殺したのだ。自責の念に駆られる和彦。そんな和彦を思いやりで優しく包むリーダー格の直人。下級生の則夫も和彦が好きで悠に対し嫉妬を抱いていた。ある日3人の前に悠にそっくりの薫という転入生が現われた。和彦も直人も則夫も悠ではないかと疑うが、内気で大人しい悠と違って薫は快活な少年だった。薫は皆が悠のイメージで見ることに腹を立てたが、和彦の口からいきさつを聞いた。薫には秘密があった。既に父はいなかったが、自分だけのものと思っていた母が若い男と愛し合っていたのである。母からの手紙を待つ薫。しかし、薫と悠は性格こそ違っても顔は瓜二つで、趣味趣向はよく似ていた。和彦は悠が生まれ変わって自分に復讐に来たのではないかと思った。あるとき則夫の姿が見えなくなった。3人で森を探したところ則夫は蹲っていた。皆が卒業していなくなってしまうときのことを考えたら淋しくなったのだという。薫は母の死の知らせに家へ帰ったが、和彦は心配になり後を追った。寮へ戻り、和彦と薫は湖畔で話し合う。和彦はなんとか真相を聞き出そうとするが薫は和彦を道連れに湖に飛び込んだ。和彦は助かったが薫は死んでしまった。しかし、ある日また学院に一人の転入生がやって来た。そして、その少年の面影は悠にも薫にもそっくりだった。

見たい映画に
登録した人
4

作品データ

製作年 1988年
製作国 日本
配給 松竹
上映時間 90
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 金子修介
製作 岡田裕岸栄司
プロデューサー 成田尚哉肥田光久
脚本 岸田理生
撮影 高間賢治
音楽 中村由利子
音楽プロデューサー 長崎行男
音楽監督 柳田ヒロ
美術 山口修
編集 冨田功
録音 神保小四郎
スチール 西本敦夫
キャスティング 碓井義徳
助監督 栃原広昭
照明 安河内央之

キャスト

レビュー

不思議とデジャヴを感じる作品

投稿者:ぺんぺん

(投稿日:2007/08/04)

『ん~?何この既視感?』と思った。 初めて観る映画なのにど…

[続きを読む]

支持者:0人

最近チェックした映画館・映画

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 1999年の夏休み

ムービーウォーカー 上へ戻る