映画-Movie Walker > 作品を探す > 龍飛岬

生後間もない自分を捨て母を自殺へ追い込んだ父親に復讐の念を燃やす女性の人生を描く。木村元保原作の映画化で脚本は芹宮靖が執筆。監督はこれが第一作の中津川勲で、撮影は相原義晴がそれぞれ担当。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

昭和34年の冬。日本海と陸奥湾にはさまれた津軽半島の突端--龍飛岬に嬰児が捨てられ、傍らには300万円の金が置いてあった。子宝に恵まれなかった漁師の留吉が拾い、家に帰った。妻キヨと「これは神様からの授かりもの」と育てることにした。留吉は欲に目がくらみ養育費として添えてあった300万円を使い、漁船に電動のイカ釣り機を取り付けた。機械の導入で仕事は楽になるかに見えたが、留吉は機械に巻き込まれ半身不随の大怪我をしてしまった。キヨのパートによる苦しい生活が続いたが、幸子と名付けられた赤ん坊はスクスクと育っていった。昭和49年、幸子は15歳になった。生きる気力を失った留吉にとって幸子はまぶしいばかりに健康的だった。ある日、理性を失った留吉は幸子を犯してしまう。そして、夕刻。村が祭りで賑わっている頃、家が焼け落ち、寝たきりの留吉が焼死体で発見された。警察は放火事件とみてキヨと幸子を取り調べた。やがてキヨが自首したが証拠不十分で釈放され、そのまま姿をくらました。幸子は自分の生い立ちを知り、義母のキヨを探しに上京した。昭和61年の秋、横浜のマンションで医大生が殺されていた。警察は調査を進めるうち幸子という女性に目をつけた。ふたりの刑事は行方不明の幸子の出生地・龍飛岬へ立った。津軽では地元出身の斉藤大臣を迎えて、大変な騒ぎだった。銀座の高級クラブのホステスとなった幸子は同郷の斉藤と知り合い、結婚することになった。老年の代議士と27歳のホステスの結婚はマスコミで取り上げられ、キヨはすべてを知った。斉藤こそ幸子の実父なのだ。そして幸子は自分を捨て、母を自殺に追い込んだ父親にウェディング・マーチが流れるなかで復讐するのだった。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 1988年
製作国 日本
配給 その他
上映時間 109
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 中津川勲
製作 木村元保
原作 木村元保
脚本 芹宮靖
撮影 相原義晴
音楽 淡海悟郎
音楽プロデューサー 川田大三
美術 秋森直美
編集 飯塚勝
録音 広上益広
助監督 南晃行
照明 仲澤廣幸

キャスト

北浦幸子 島崎恵
北浦キヨ 馬渕晴子
間宮俊夫 高岡健二
若林爾郎 草野大悟
北浦留吉 木村元
岡田 うえだ峻
山村邸執事 増田順司
高石ひろ子 蜷川美穂
里見良平 高野光平
石川恒男 麻生亮
里見良太郎 奥野匡
榊原弘一 田中洋介
アモーレ支配人 石倉民雄
阿部芳子 五十嵐ゆかり
桜井 国宗篤
寺山 加藤純平
新城彰子 東丘出陽
中学校教師 舞小雪
金子善男 加藤忠行
北浦幸子(5歳) 安蒜真弓
北浦幸子(12歳) 細川麻衣
署長 織本順吉
斉藤甲子郎 根上淳
古武藤七 愛川欽也
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

ジョン・ウィック:パラベラム
ジョン・ウィック:パラベラム

最強の殺し屋の壮絶な復讐劇を描いたキアヌ・リーブス主演のアクションシリーズ第3弾

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 龍飛岬