映画-Movie Walker > 作品を探す > 科学者ベル

ダリル・F・ザナックが自ら製作に当たった1939年度作品で、「ジェーン・エア」のケネス・マクゴワンが共同製作、「風を起す女」のアーヴィング・カミングスが監督に当たった。レイ・ハリスの原作を「剃刀の刄」のラマー・トロッティが脚色、撮影が「頭上の敵機」のレオン・シャムロイ、音楽はルイス・シルヴァースというスタッフ。「世紀の楽団」のドン・アメチ、「ママは大学一年生」のロレッタ・ヤング、「哀しみの恋」のヘンリー・フォンダ、「貴方も私も」のチャールズ・コバーン、「ジャンヌ・ダーク」のジーン・ロックハート、「呪われた城」のスプリング・バイントンサリー・ブレーンポリー・アン・ヤングジョージア・ヤングボブス・ワトスン等が出演する、電話の発明者ベルの伝記映画。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

1873年、聾唖学校の教師をしていた青年アレグザンダー・グラハム・ベルは、教務の傍ら、自己の科学知識をもって新しい発明に日夜没頭していた。彼は富豪のハッバード家の家庭教師に推され、同家の娘メイベルと愛し合うようになつた。ハッバード氏はベルが研究中の電信の改良に対し、財政的援助を与えようとしたが、彼は電話の発明により以上の抱負をもっていることをメイベルに話し、彼女に力ずけられた。ベルは助手のワトスンと努力を続け、電話の発明に成功したが、社会的にその真価は認められなかった。彼は、英国皇室の招きにより、ヴィクトリア女王の前で電話の公開実験をすることになり、新婚のメイベルを伴って渡英した。実験は大成功を収め、最初の電話がバッキンガム宮殿に備えられた。しかし帰国したベルは、電話の特許権についてウェスターン・ユニオン会社と法廷で抗争しなければならなかった。ベルは出産間近の妻を証人として法廷に立たしめるに忍び得ず、訴訟の放棄を決意するが、メイベルは進んで証人台に立ちベルの勝訴となった。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 The Story of Alexander Graham Bell
製作年 1939年
製作国 アメリカ
配給 セントラル
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 科学者ベル