映画-Movie Walker > 映画作品を探す > 待ち濡れた女

台風が近づいた日に、別れた夫から突然復縁を迫られ揺れ動く女の心理を描く。高橋揆一郎の原作「雨ごもり」の映画化で、脚本は「恋人たちの時刻」の荒井晴彦が執筆。監督は「美姉妹・喘ぐ」の上垣保朗、撮影は「子象物語 地上に降りた天使」の安藤庄平がそれぞれ担当。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

台風が近づき雨と風が強くなったある日、つやの住む山間の一軒家に別れたはずの夫・長吉がやって来た。浮気が原因で喧嘩別れした2人だが、4ヵ月たって長吉は復縁を迫ってきた。つやには戻る気はなかったが、長吉は5万円をそっと机の上に置いてその日は帰っていった。そのころ春生と典子の若いカップルが雨の中車を走らせていた。2人の表情はいくぶんこわばっていたが、ドライブの途中で別れ話がこじれ喧嘩になった際、引き逃げしてしまったのである。川原で車を捨て、駅に行ったが、折からの台風で電車が止まっているので、近くに宿を取った。翌日もつやは大雨の中やって来た長吉をむべもなく追い返したが、心は揺れていた。ぼんやりと道を歩いていたつやの後を春生がついて来た。さっき車を処分するところをつやは見てしまったのだ。春生は典子とのSEXに飽きて別れようとしているのだった。つやは春生を家に入れ、話を聞いてやった後に抱かれた。そのころ、長吉も駅前で足止めをくらい、近くスナックでママとねんごろになっていた。つやが長吉と別れたのは決して飽きたからではなく、嫌いになったからだった。翌朝春生は新聞で引き逃げされた被害者が意識を回復したことを知った。彼はつやと寝たことで売春をした典子を許せる気持ちになっていたが、今度は彼女のほうが別れたいと言った。飽きたのではなく、嫌いになったのだという。激しい風雨をもたらした台風もそろそろ通り過ぎようとしていた。つやは家で仏壇に向かってお経をあげていた。そばには長吉が手持ちぶさたにしている。正座しているつやの足の裏を見ながら、長吉はちょっかいを出した。つやは「お願い。やめてください」と言ったが、長吉はかまわず尻を撫で、胸をまさぐっている。そして、2人は体を合わせるのだった。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 1987年
製作国 日本
配給 にっかつ
上映時間 96
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

製作 駒井憲二
企画 角田豊
プロデューサー 小林八郎半沢浩
原作 高橋揆一郎
脚本 荒井晴彦
監督 上垣保朗
撮影 安藤庄平
選曲 伊藤晴康
美術 中澤克巳
照明 木村誠作
スチール 目黒祐司
編集 冨田功
助監督 萩庭貞明
録音 細井正次

キャスト

つや 中村晃子
長吉 高橋長英
典子 浅野なつみ
春生 柄沢次郎
スナックの女 亜湖
洗濯屋の店員 中西和久
長吉の女 花柳幻舟
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
サーホー
サーホー

『バーフバリ』シリーズのプラバースが主演を務めたインド発のクライムアクション

ジョン・F・ドノヴァンの死と生
ジョン・F・ドノヴァンの死と生

人気俳優の死の真相に迫る物語を描いた『マイ・マザー』のグザヴィエ・ドラン監督作

弥生、三月 -君を愛した30年-
弥生、三月 -君を愛した30年-

遊川和彦監督・脚本×波瑠&成田凌W主演で30年に及ぶ男女の愛を紡ぐラブストーリー

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 映画作品を探す > 待ち濡れた女