映画-Movie Walker > 作品を探す > 私をスキーに連れてって > レビュー

投稿レビュー(6件)私をスキーに連れてっては星3つ

もっかいバブルに連れって (投稿日:2018年11月8日)

バブルを生きた世代としては懐かしい作品
経済的に頭打ち、消費税は増税、平成の元号も変わろうとしている現在を生きる若者に本作品はどう見えるのか?
・・・今はみな懐かしい・・・ガクッ!(沖田艦長)
»ガイドライン違反報告

投稿:モッピー

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

みんなが元気だったころ (投稿日:2009年6月10日)

懐かしいあの頃日本中が元気で生き生きした、土曜の夜はひょうきん族見て、そのまま朝まで飲んで金は使い放題。いい時代にタイムスリップさせていただきました。今の暮らしはどうです!?? »ガイドライン違反報告

投稿:okara

評価:3
星評価

2人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

文部科学省推薦級の爽やかさ (投稿日:2009年5月22日)

 バブル経済の好景気時代に製作された映画であり、この時代には春はゴルフ、夏はスキューバーダイビング、秋は海外旅行、冬はスキーといった具合に春夏秋冬アウトドアーで遊びまくっていました。当時のTV・CMにも“大統領のように働き、王様のように遊ぶ”というコピーが流れていたことを思い出します。

 映画「私をスキーに連れてって」はそんな時代に誕生したエンターテインメントです。といっても、これは単なるスキー映画ではなく、小学館の雑誌に連載されていた“見栄講座”で若者のスノビズムやトレンド意識を風刺して人気があったホイチョイプロダクションの馬場康夫が監督を担当したので本当に面白い映画に仕上がっています。スキー場を舞台にして恋人たちを爽やかに描いていますが、キスシーンさえもない正に文部科学省推薦級の爽やかさは一大センセーションを巻き起こしたのです。

 勿論、ホイチョイプロダクションですから、モノやテクニックに関する拘りが随所に見られています。例えば、洒落た記念撮影の方法論や、プロに見える休憩の取り方等などは結構積極的に取り入れた人が沢山いた筈です。かく言う私もゲレンデからチョッと外れた中腹の新雪箇所にスキー板を斜めに挿して椅子代わりにしていました。新雪にはシャンペンやワインを挿して、フランスパンにハムやチーズを挟んだサンドイッチ。大混雑していたスキー場のレストランに嫌気がさした女性たちが合流してきて新しい恋愛も芽生えたことを昨日のように思い出されます。

 白銀の世界でヒロインを演じたのは原田知世で、同じホイチョイプロダクシヨンによる「彼女が水着に着がえたら」同様に一番輝いていた時代の代表作品です。全編に流れるユーミン・サウンドが実に効果的で、映画館はスキーヤーには見えない人たちまでもがウキウキしていたことを思い出しました。
»ガイドライン違反報告

投稿:晴耕雨読

評価:3
星評価

6人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

あの頃僕も若かった(^-^) (投稿日:2008年7月5日)

「気まぐれコンセプト」「バブルへGO!」等のホイチョイプロの作った快作!スキーブームの火付け役にして、その後マリンスポーツ、ミニFM、自転車便等古いですがトレンディー映画として一時代築いた( ̄ー+ ̄)フッホイチョイシリーズの最初にして最高の作品!
ユーミン、サザンの音楽をバックに当時最新のレジャーを機材を贅沢に使い、明るく、楽しく、健全に恋愛映画として作られています(~▽~@)♪♪♪。おじさんたちは青春と当時の流行を思い出して楽しんでください!
映画としてはいろいろ言いたいこともあるが、楽しめる映画であることは確かです!久々に仲間で集まって盛り上がりながらでてください\(^o^)/ »ガイドライン違反報告

投稿:かつどん

評価:4
星評価

1人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

スキーに出かける時、Yumingは定番でしょう♪ (投稿日:2008年5月2日)

って、もう古い?
「サーフ天国 スキー天国」「BLIZZARD」聞きながら盛り上がろうよ!
話は変わるけど、ガレージって憧れですね。車は走れば良いと思ってる私でも、もしガレージがあればチューンアップなんかしちゃうかも!
『ターミネーター2』でシュワちゃんが武装する有名なシーン、その後定番のようになったけど、あれってこの作品で三上博史が愛車をスキー用に装備するシーンのパクリじゃない?まさかね!でもカッコいいシーンだったな。

単なるアイドル映画と一線を画した、ホイチョイプロの記念碑です!
次作の『波の数だけ抱きしめて』もなかなかでした。 »ガイドライン違反報告

投稿:ゆーみんぱぱ

評価:5
星評価

2人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

スキーブームの火付け役 (投稿日:2007年6月15日)

20年前、この映画でスキーブームに火がついたといっても過言ではないでしょう。
私もこの映画を見てスキーを始めました。
当時、車のドアを開け路面を触って「凍ってるね!」というセリフが流行ったのを覚えています。
内容は単なる娯楽映画と思って見ると良いでしょう。
出演者の若かりし頃を楽しむのもいいですね。 »ガイドライン違反報告

投稿:ヤスヤス(o\o)

評価:3
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

上へ戻る

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 私をスキーに連れてって > レビュー