TOP > 上映中の映画作品を探す > 女衒

明治後期から昭和初期にかけて東南アジアを舞台に活躍した女衒・村岡伊平治の半生を描く。『村岡伊平治自伝』にフィクションを加えて映画化、脚本は今村昌平岡部耕大の共同執筆。監督は「楢山節考(1983)」の今村昌平、撮影も同作の栃沢正夫がそれぞれ担当。

3/5
総評価数 3
レビュー 1
投票 2
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (1)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (1)
星2つ 0% (1)
星1つ 25% (0)
見たい映画に
登録した人
2

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

村岡伊平治が大志を抱いて故郷・島原を捨ててから早や八年が経っていた。伊平治が長太、源吉と香港の港に降り立ったときの格好は髪は長くボサボサ、服はボロボロでまるでルンペン。もちろん金もなければ家もない。しかたなく大日本帝国領事館へ駆け込んだ。明治三十五年正月のことである。伊平治はそこで上原大尉から満州密偵としての役をもらい、シベリア大雪原へ向かった。やがて彼は奉天の女郎屋でトメという島原の女と出会い、幼馴染みのしほがシンガポールに奉公に出ていることを知った。香港へ戻った伊平治は越前屋の朝長という知り合いを訪ねたが、なんとしほは朝長の女房となっていた。朝長がシンガポールで身受けしてきたのだ。愛しいしほを買い戻した伊平治は、香港の海賊に捕まっている日本人の娘たちを助け出したのが縁で女衒を始めることになった。オナゴの貿易は国のためと張り切る伊平治は、南洋の島々に渡っては商売に励んだ。一方、しほはかつて海賊で今は英領マラヤのポートセッテンハムに力をもつ王に掛け合い、この地に女郎屋を開くことを許可させた。明治三十七年二月、対露宣戦布告の頃には伊平治は多くの子分を抱え、商売も繁盛、四つの娼館を経営するまでになった。明治四十五年、夏、伊平治は天皇の逝去に際し、切腹を試みたか失敗した。すぐに立ち直った伊平治は再び仕事に精を出すが、次第に反日感情が強くなり日本娼館も苦しい立場に立たされた。大正八年六月の廃娼制度の誕生は伊平治に決定的な打撃を与えた。世の中は大きく変わろうとしていた。多くの女たちは日本に帰ることを希望し、しほは王と愛し合うようになり伊平治の元を去った。このような時制に、王は伊平治の持つ娼館のすべてとしほを二十万ドルで手に入れたのである。昭和十六年十二月、大平洋戦争が始まる頃、伊平治もすでに七十歳に達していたが、彼の女衒根性はそう簡単に消えるものではなかった。日の丸を先頭に上陸してくる日本軍の隊列に向かって伊平治は「兵隊しゃーん、オナゴのことは俺に任しんしゃーい!」と叫んだのである。

作品データ

原題 Zegen
製作年 1987年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 124
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

企画 三堀篤滝田五郎
プロデューサー 杉山義彦武重邦夫大庭二郎
脚本 今村昌平岡部耕大
監督 今村昌平
撮影 栃沢正夫
音楽 池辺晋一郎
美術 横尾嘉良
録音 紅谷愃一
照明 岩木保夫
スチール 加藤光男
編集 岡安肇
助監督 佐藤武光

キャスト

村岡伊平治 緒形拳
しほ 倍賞美津子
柯俊雄
長太 深水三章
源吉 杉本哲太
こまし隊 趙方豪
石井光三
朝長 三木のり平
島田 殿山泰司
西山 常田富士男
久光領事 寺田農
上原大尉 小西博之
トメ 池波志乃
花子 風間舞子
キノ 熊谷真実
オツノ 神田紅
タケヨ 吉宮君子
国倉領事 河原崎長一郎
雑貨屋 レオナルド熊

レビュー

邦画の醍醐味

投稿者:カワカワ'カワ

(投稿日:2008/5/9)

身を持ち崩した女性たちを描く映画は いくつかありますが、こ…

[続きを読む]

支持者:2人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/22更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 女衒