映画-Movie Walker > 作品を探す > 必殺4 恨みはらします

貧乏長屋で起きた殺人事件を陰で仕掛ける美男の奉行と、仕事人たちの戦いを描いた「必殺」シリーズ4作目。脚本は「必殺!III 裏か表か」の野上龍雄、「火宅の人」の深作欣二中原朗の共同執筆。監督は深作欣二、撮影は「必殺!III 裏か表か」の石原興がそれぞれ担当。

3/5
[?]評価方法について
総評価数 6
レビュー 0
投票 6
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 33% (1)
星4つ 33% (1)
星3つ 100% (3)
星2つ 33% (1)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ある日、町奉行所・内部で、見習い与力・安田小兵衛が町奉行・長尾監物に切りかかった。与力・同心たらは薄情にも我さきに逃げてしまい、監物は逃げ遅れた主水を盾にするが、主水がよけてしまったため小兵衛に刺し貫かれてしまう。この事件の不手際により、主水は向う半年の御扶持半額をお取り上げにされた。後任の奉行には、若い女かと見まちがう美男、奥田右京亮が着任した。おけら長屋の居酒屋「おふく」でヤケ酒を飲む主水が、店の外の騒ぎに表へ出ると、京劇の仮面のように顔をくま取った旗本愚連隊が暴れまわっていた。キラッと光る物が主水の視界をかすめた途端、愚連隊のひとりが乗っていた馬が暴走し、あとに首の骨が折れた狼人、弥兵衛の死体が転っていた。この暴走に疑問を持った主水は、馬の後脚に十字手裏剣が突きささっているのを発見する。ある夜、仕事人たちの会合が開かれた。元締の弁天から“旗本愚連隊の首領格三人の仕事料、六両”が提示される。安すぎる仕事料に帰ってゆく仕事人たち。依頼主は弥兵衛の娘、お弓だった。結局、主水と独楽売り、わらべや文七がそれを受け、早いもの勝ちの勝負となった。ひとり目の的を文七に先取りされ、秀たちにからかわれた主水は、右京亮の素性を調べてほしいと彼らに依頼した。数日が過ぎ、右京亮があの若さで町奉行になれたのは、老中酒井雅楽頭のヒキで、寺小姓から六番組、御旗奉行、町奉行とトントン拍子に出世双六を登りつめたことがわかった。そんな折、主水は円光院で大奥年寄・松尾、老中酒井、右京亮が密会する現場を目撃した。そこでお上が、昔ここで慰みものにした菊という女の怨霊に悩まされていると知る。また、旗本がおけら長屋に乗り込んだ。主水が駆けつけると、おふく、杉江など多数の死体が横たわっていた。これを理由に、奉行所はおけら長屋の住人を強制立ち退きさせ、旗本の首領、神保主悦らを切腹させた。お弓も自ら命を絶ち、文七は本当の下手人を殺ると宣言、十字手裏剣の使い手九蔵と対決するが、相打ちとなって息をひきとった。その頃、円光院では酒井と右京亮が酒を飲みながら密談していた。「おけら長屋に寺を建てれば菊の怨霊も鎮まるから上様も大喜び」と語る酒井に、右京亮は菊の弟だと告げる。驚いた酒井は血を吐いて倒れた。お上に仕えることになり、酒井が邪魔になった右京亮が毒を盛ったのだ。そこに、主水、秀、政、お玉、順之肋が右京亮の命を狙いに現われた。そして、主水の怒りの刃が右京亮を貫いた。

見たい映画に
登録した人
3

作品データ

製作年 1987年
製作国 日本
配給 松竹
上映時間 131
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 深作欣二
脚本 野上龍雄深作欣二中原朗
撮影 石原興
音楽 平尾昌晃
美術 太田誠一
編集 園井弘一
録音 広瀬浩一
スチール 長谷川宗平
助監督 原田徹
監督補 津島勝
照明 中島利男
製作プロダクション 山内久司櫻井洋三

キャスト

中村主水 藤田まこと
村上弘明
お玉 かとうかずこ
順之助 ひかる一平
せん 菅井きん
りつ 白木万理
同心・田中 山内としお
与力・鬼塚 西田健
三田村邦彦
おけら長屋・おふく 倍賞美津子
旗本愚連隊首領神保主税 堤大二郎
文七のつれ子おみつ 相楽ハル子
鋳掛け屋・九蔵 蟹江敬三
おけら長屋・杉江伊織 本田博太郎
楽屋番 草野大悟
安田小兵衛 石橋蓮司
おけら長屋・お弓 斉藤絵里
おけら長屋・弥兵衛 室田日出男
奉行・奥田右京亮 真田広之
老中・酒井雅楽頭 成田三樹夫
おけら長屋・ヤクザ安吉 笹野高史
おけら長屋・夜鷹 古館ゆき
お菊 小林ひとみ
老蔭間 藤木孝
仕事人元締・弁天 岸田今日子
仕事人・文七 千葉真一

『必殺』(8作品)

  • 必殺! 三味線屋勇次 (1999年2月11日公開)

    江戸の町に流行する秘薬を巡り、仕事人たちが卑劣な悪漢どもを成敗する痛快時代活劇のシリーズ第7弾。

  • 必殺始末人 (1997年3月1日公開)

    昨年、中村主水の死を描いた「必殺!主水死す」によって幕を閉じた「必殺」の新シリーズで、陰の世界で悪人を成敗する闇の始末人たちの活躍を描いたサスペンス時代劇。

  • 必殺! 主水死す (1996年5月25日公開)

    1972年から20年間に渡って放送されたテレビ時代劇『必殺!』シリーズの5年ぶりの劇場版第6作。

  • 必殺!5 黄金の血 (1991年12月23日公開)

    問答無用で悪を斬る仕事人の活躍を描く時代劇シリーズ第五弾。

  • 必殺4 恨みはらします (1987年6月6日公開)

    貧乏長屋で起きた殺人事件を陰で仕掛ける美男の奉行と、仕事人たちの戦いを描いた「必殺」シリーズ4作目。

  • 必殺!III 裏か表か (1986年5月24日公開)

    闇の金融集団と闘う仕事人たちの姿を描く“必殺!”シリーズ第三弾。

  • 必殺! (1984年6月16日公開)

    江戸の仕事人殱滅をたくらむ殺し屋軍団と戦う中村主水ほか仕事人の姿を描く。

最近チェックした映画館・映画

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 必殺4 恨みはらします