映画-Movie Walker > 作品を探す > 男はつらいよ 幸福の青い鳥

ひいきにしていた一座の死んだ座長の娘に恋する寅次郎の姿を描く「男はつらいよ」シリーズの第37作。脚本は監督も担当している「キネマの天地」の山田洋次と同作の朝間義隆の共同執筆。撮影も同作の高羽哲夫が担当。

4/5
[?]評価方法について
総評価数 6
レビュー 0
投票 6
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 50% (1)
星4つ 100% (2)
星3つ 100% (2)
星2つ 50% (1)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

柴又、とらやでは不景気な話題とともに、1年も音沙汰のない寅が噂にのぼっていた。その頃、寅はバイ仲間のポンシュウと山口県萩をあとにして、九州へと向かっていた。飯塚の町で、寅はひいきにしていた一座の座長の訃報の家には旅館の女中をしている娘、美保がいた。寅の脳裏に可愛い声で歌っていた美保の姿が浮かぶ。「幸福の青い鳥が欲しい」という美保に、「東京に出て来たら葛飾柴又帝釈天参道のとらやを訪ねな」と告げ、寅は汽車に乗った。とらやに、近々戻りますと寅から葉書が届いた頃、東京下町の食堂で、疲れた表情の美保が公衆電話の受話器を置きぼんやりしていた。東京に出てとらやに電話したものの、寅の不在に気落ちして熱を出した美保を、看板屋で働いている倉田健吾という青年がやさしく介抱した。元気になった美保は、とらやを訪ねて寅と再会。寅の口利きでラーメン屋に就職することになった。寅は今度は美保に花婿を見つけてやりたいと、とらやの面々に語る。だが、一同が思うには美保に惚れてるらしい。美保は展覧会に落選してがっかりしている健吾を訪ねた。ヤケをおこした彼は美保を抱こうとするが、彼女は振りきって外に飛び出した。健吾は美保を探しに柴又を訪れ、寅の手引きで美保と会う。そして、先日のことを謝り出て行った。健吾を追う美保をぼんやり見送る寅。新しい年が明け、美保は健吾と婚約した。その頃、山間の温泉場で商売に励む寅の姿があった。

見たい映画に
登録した人
5

作品データ

製作年 1986年
製作国 日本
配給 松竹
上映時間 102
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 山田洋次
プロデューサー 島津清中川滋弘
原作 山田洋次
脚本 山田洋次朝間義隆
企画 小林俊一
撮影 高羽哲夫
音楽 山本直純
美術 出川三男
編集 石井巌
録音 鈴木功
スチール 長谷川宗平
監督助手 五十嵐敬司
照明 青木好文
調音 松本隆司

キャスト

車寅次郎 渥美清
さくら 倍賞千恵子
島崎美保 志穂美悦子
倉田健吾 長渕剛
車竜造 下絛正巳
つね 三崎千恵子
諏訪博 前田吟
社長 太宰久雄
源公 佐藤蛾次郎
満男 吉岡秀隆
あけみ 美保純
御前様 笠智衆
金森 じん弘
嘉穂劇場の男 すまけい
車掌 イッセー尾形
ポンシュウ 関敬六
キューシュー 不破万作
係員・近藤 笹野高史
温泉場の娘 有森也実
ゆかり マキノ佐代子
来々軒の親父 桜井センリ

『男はつらいよ』(49作品)

  • 男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花 特別篇 (1997年11月22日公開)

    渥美清の死去により終了した「男はつらいよ」シリーズ全48作の中から、シリーズの大半を演出した山田洋次が特に好きな一編という第25作「男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花」を、コンピュータ・グラフィックの導入、ドルビー・ステレオ・システムで録音し直すなど、最新技術を駆使してリニューアルさせた特別篇。

  • 男はつらいよ 寅次郎の青春 (1992年12月26日公開)

    宮崎を舞台に、寅次郎と甥の満男のそれぞれの恋の行方を描く「男はつらいよ」シリーズ第45作。

  • 男はつらいよ 寅次郎物語 (1987年12月26日公開)

    死んだ香具師仲間の遺児と母親探しの旅をする寅次郎の姿を描く「男はつらいよ」シリーズの第39作目。

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 男はつらいよ 幸福の青い鳥