TOP > 上映中の映画作品を探す > 不倫(1986)

貞淑な人妻とストリップの演出家との不倫の恋を描く。脚本は小倉洋二、監督は「刺青(1984)」の曽根中生、撮影は伊藤昭裕がそれぞれ担当。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ストリップの演出家、中島文春は同窓会で15年ぶりに再会した瀬島隆行のホームパーティに招待された。中島はそこで美しい瀬島の妻、悦子と出合った。数日後、悦子は中島の仕事場を訪ねた。その時、踊り子の由美が叫び声をあげると、発狂したごとく暴れだした。由美は生理の直前になるとこういった状態になる。中島は由美の乳房を揉みしだき、パンティーの中に指をすべり込ませると、激しく愛撫する。由美の硬直した体は次第に弛緩し、愉悦の声をもらし始める。眼前での出来事に興奮した悦子は、中島の部屋に入った。先刻の光景を思い浮かべながら乱れに乱れる悦子。その日の快楽が忘れられない悦子は、中島を自分の家に招く。隆行は風邪で寝ており、二人は台所で立ったまま交わった。同じ家に隆行がいると思うと、二人の興奮はたかまるばかりだ。二人の情事は続き、そのことは隆行も気付き始めた。しかし、中島は本気であり、悦子にアメリカに行って人生をやり直したいから一緒に来て欲しいと言う。浮気はしょうがないけど、そこまではヤリ過ぎと言う隆行。悩む悦子。成田で悦子を待つ中島は、彼女が一緒に来るはずないと諦めていた。その時、遠くに、悦子の姿を見つけた。突然、ニューヨークで悦子とやっていく自信のないことに気付いた中島は彼女に声をかけることが出来ない。中島を待つ悦子。二人を乗せるはずの飛行機が飛び立っていった……。

作品データ

製作年 1986年
製作国 日本
配給 にっかつ
上映時間 80
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

プロデューサー 駒田達郎
企画 榊始松本洋二
脚本 小倉洋二
監督 曾根中生
撮影 伊藤昭裕
選曲 林大輔
美術 安永紀征
録音 秋山一三
照明 金沢正夫
スチール 石原宏一
編集 山田真司
助監督 山下稔

キャスト

瀬島悦子 児島美ゆき
中島文春 流山児祥
瀬島隆行 山本耕一
瀬島恵子 江崎和代
ヨレヨレコートの男 粟津號
劇場の男・片桐 大西千秋
パーティの客 田辺洋
香川由美 宝京子
深水三章
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/28更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 不倫(1986)