TOP > 映画作品を探す > アイ・シティ

遺伝子重合体と戦う少年少女を描いたSFアニメ。原作は板橋しゅうほうの同名劇画、脚本は園田英樹、監督は真下耕一がそれぞれ担当。主題歌は、上田由紀(「アイ・シティ」)。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

青年ケイは、謎の科学組識フラウドから少女アイと共に脱出した。ケイは普通の人間ではなく、額にデジタル数字が輝くヘッドメーターズである。フラウドの最高ヘッドメーターズであるリーは、美女K2を追手として放った。ケイとアイは元警官のライデンの助けを借りながら死闘を尽した。その時、ケイのデジタル数値が無限大を示し、夜空の空間に亀裂が走った。この位相幾何壁面の破壊は、ケイを媒体としたアイのパワーによるもので、彼女こそ他の人間の超能力を自由に増幅できる、伝説の存在トリガーであった。リーにはトリガーが必要だった。それは老へッドメーターズのライローチンとの戦いのためである。アイはリーの送った機動空兵ダイバーに連れ去られ、フラウドビルに連れ戻される。K達がフラウドビルに侵入した。Kがリーと闘う瞬間、遺伝子重合体アロイが誕生した。それは人類の記憶を甦らせる為の生体プログラムである。真実の敵はライローチンの身体を借りたアロイだった。アイを手に入れようとするアロイ。Kたちは立ち向かうが、アロイは巨大化し大都市の上空を覆いつくす。遺伝子ヅタに絡みつかれて身動きのとれないKたち。ついにアイは、自我を取り戻しアロイと対決する。ぶっとばされたアロイは、自分の一部である内臓天井に襲われる。遺伝子重合体が共喰いを始めたのだ。共喰いは進み、やがて爆発しフラウドビルも崩壊した。

作品データ

製作年 1986年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 86
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

企画 藤原正道高橋豊
プロデューサー 加藤博梅原勝
原作 板橋しゅうほう
脚本 園田英樹
監督 真下耕一
キャラクター・デザイン 井口忠一
作画監督 井口忠一
演出 大庭寿太郎
撮影監督 鳥越一志杉山幸夫
音楽プロデューサー 大石稀哉
音楽 鷺巣詩郎
美術監督 新井寅雄
録音 松浦典良大塚晴寿小原吉男
音響効果 伊藤克巳須藤輝義
編集 正木直幸赤堀義浩
主題曲 上田由紀

キャスト

ケイ 鈴置洋孝
アイ 上田由紀
ライデン 野沢那智
K2 小山茉美
クゥ・ラグア・リー 小林清志
ライ・ロー・チン 永井一郎
アロイ 渡部猛
ティ 八奈見乗児
ミスターJ 堀内賢雄
イー 銀河万丈
リャン 二又一成
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/5更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > アイ・シティ