映画-Movie Walker > 作品を探す > 熱海殺人事件

熱海で起きた通俗的な殺人事件を担当する部長刑事の型破りな捜査を描く。つかこうへい原作の『小説熱海殺人事件』の映画化で、脚本は「二代目はクリスチャン」のつかこうへい、監督はこれが第一回作品となる高橋和男、撮影は「タンポポ」の田村正毅がそれぞれ担当。主題歌は、サンディ&ザ・サンセッツ(「バッテリー」)。

5/5
[?]評価方法について
総評価数 2
レビュー 1
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (1)
星4つ 100% (1)
星3つ 0% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

熱海で工員、大山次郎が幼馴染の女性、山口アイ子を絞殺するという事件が起きた。大山の運命は、警視庁の名物刑事“くわえ煙草伝兵衛”こと二階堂部長刑事に委ねられる。伝兵衛は謹慎を解かれたばかりだが「大山の殺意を一級の文学作品に仕立ててみせる!」と相変わらずの見得をきる。彼をサポートするのは10年来の愛人で、明後日には他の男と結婚式を挙げる予定の水野朋子刑事と、富山県警から赴任して来た妾腹の弟である熊田留吉刑事。ただでさえ尋常でない伝兵衛の捜査室は怪しげな雰囲気に充ちている。そんなことは知らない大山の面倒を見るのは、女房殺して20年、一度だけ取り調べを受けたという牢名主の鬼島作二である。取り調べが開始されたが、注射器を持ってきてシャブ中毒にしようとしたり、伝兵衛のやり方はメチャクチャ。その上、わけのわからないヒステリー裁判長が乱入して来て暴れたり、挙句の果て、大山を置いて見場のいい過激派人質事件に三人揃ってしゃしゃり出て行ってしまう。また、熊田と妊娠中の愛人、美由紀の痴話喧嘩を無理矢理見学させられ、伝兵衛と水野の別れ話につきあわされたりと、ひどい目ばかり。水野の結婚式まで後6時間という早朝午前4時、最終取り調べが始まった。伝兵衛オリジナルの事件再現である。伝兵衛が机の引き出しに仕掛けられたスイッチを押すと、一瞬にして捜査室に事件当時の現場が現われる。水野が山口アイコに扮し、あの日の自分に戻った大山の告白が始まった。彼はソープランドのかぶせ屋におちたアイコに結婚を申し込んだが、彼女がふたりの神聖な想い出を汚すようなことを口走ったためカッとなったのだった。

見たい映画に
登録した人
1

作品データ

製作年 1986年
製作国 日本
配給 ジョイパックフィルム
上映時間 117
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 高橋和男
製作 林瑞峰佐藤正之角谷優
製作指揮 日枝久
プロデューサー 松本廣松木征二酒井彰
プロデューサー補 飯島茂
原作 つかこうへい
脚本 つかこうへい
撮影 田村正毅
音楽 久石譲
主題歌 サンディ&ザ・サンセッツ
美術 小川富美夫
編集 諏訪三千男
録音 本田孜
スチール 竹内健二
助監督 佐藤雅道
照明 高屋齋
製作協力 パインウッド
製作コーディネーター 石川勇美雄

キャスト

二階堂伝兵衛 仲代達矢
熊田留吉 風間杜夫
水野朋子 志穂美悦子
大山次郎 竹田高利
美由紀 大西多摩恵
留吉の母 野村昭子
熊田うめ 中村たつ
囚人 酒井敏也
囚人 高野嗣郎
吉岡 益岡徹
猿渡 石丸謙二郎
二階堂洋子 高橋かおり
洋子の乳母 川上夏代
吉岡の妻 小柳みゆき
高倉裁判長 三谷昇
看守 平泉成
藤枝 岡本富士太
鬼島の息子 隆大介
朋子のフィアンセ 江藤潤
飯山長官 高橋悦史
鬼島作二 大滝秀治
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 熱海殺人事件