TOP > 上映中の映画作品を探す > 春駒のうた

山村を舞台に、右足が動かない登校拒否の少年と村人たちの交流を描く。宮川ひろの同名小説の映画化で、脚本は「ふるさと」の神山征二郎、「人魚がくれたさくら貝」の松田昭三神山魁三、「海に降る雪」の石倉保志の共同執筆。監督は神山征二郎、撮影は「ふるさと」の南文憲がそれぞれ担当。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

昭和20年8月16日。炭焼をしながら生活している星野文三のもとに、息子の戦死公報が届く。そのとき、奥の間から産声が聞こえ、戦死した息子の子供、圭治が誕生した。圭治は祖父母の文三、カネに可愛がられながら元気に育つが、小学校一年のとき、突然小児マヒにかかり、右足が動かなくなってしまう。一年後、退院して村にもどってきた彼に、子供たちは圭治と気づかず「びっこ、たっこ」と不用意な言葉を投げかけた。子供たちの態度に怒った文三は、圭治が病気にかかったとき、足をどづいたのは誰だ、捜しだすまで登校させないと、分校の小林先生につめよる。文三の態度に、小林先生も後任の先生も分校から逃げだしてしまった。新学期が始まり、新任教師・園田恵子が赴任してきた。彼女は逃げださないと子供たちに約束する。その夜、酒に酔った文三がどなりこんできた。翌日、どなり返しに行った恵子は、味噌づくりを手伝いながら、カネの話を聞き、もってゆき場のない文三の苦しみ、悲しみを感じるのだった。ある日、圭治は二年ぶりに登校するが、また来なくなった。子供たちは皆で相談し、圭治を励まそうと彼が描いた絵の展覧会を鎮守の森で開く。喜んだ圭治は皆に絵をプレゼントする。恵子は「春駒」の絵をもらった。夏祭の日、酩酊した文三はみこしの前に座りこんでしまう。恵子はそんな彼に怒りをぶつけ、心を開くように訴える。圭治を学校に通わせることができなかった恵子は、教師をやめようかと悩む。そのとき、彼女のもとに、圭治の描いた「春駒」の絵が全国友情の絵コンクールの最優秀作品賞に入選したという知らせが届いた。

作品データ

原題 Song of the Spring Horse
製作年 1986年
製作国 日本
配給 共同映画全国系列会議
上映時間 109
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

製作 野原嘉一郎日沼富男神山征二郎
脚本 神山征二郎松田昭三神山魁三石倉保志
監督 神山征二郎
原作 宮川ひろ
撮影 南文憲
音楽 針生正男
美術 春木章
録音 永峯康弘
照明 小山勲
スチール 島家春
編集 近藤光雄
助監督 神山魁三
ナレーター 樫山文枝

キャスト

星野文三 田村高廣
星野カネ 左幸子
星野圭治 登坂隆史
園田恵子 千木良かおり
園田俊恵 香川京子
服部民子 二木てるみ
小林先生 前田吟
平さん 樋浦勉
おさと姿 樹木希林
白井荘八郎 加藤嘉
篠田区長 殿山泰司
田辺 河原崎長一郎
白井先生 草薙幸二郎
中村校長 ハナ肇
八木教頭 犬塚弘
村役場の男 鈴木慎平
厚生大臣代理 平林尚三
近藤医師 佐藤健二
女先生 市川夏江
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/29更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 春駒のうた