TOP > 上映中の映画作品を探す > ペンギンズ・メモリー 幸福物語

戦争で心身ともに傷ついた青年と歌手志望の娘との愛をペンギンを主人公に描いたアニメーション。長沢岳夫の原作を河野洋川崎良久野麗が共同執筆。監督は木村俊士、撮影は「ボビーに首ったけ」の八巻磐がそれぞれ担当。

2/5
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

マイクはデルタ戦争で心身ともに傷つき、ただひとり故郷に帰って来た。家族や町の人々の歓迎ぶりが心に重いマイクは旅に出る。どこに行っても心は晴れなかったが、ふと乗り込んだバスが着いた先はレイクシティという明るい街。公園で子供たちに歌を教えている美しい娘の笑顔と楽しげな光景は、マイクの心を明るくした。マイクはレイク市立図書館員募集の貼り紙を見て、そこで働くことになる。ある日、マイクの前に公園で歌を教えていた娘ジルが現われた。ジルは大病院の院長の娘で歌手になることを夢見ていたが、ジルの父は自分の病院の優秀な外科医ジャックに嫁がせようと思っている。マイクとジルはデートを重ね、お互いの愛を確認しあう。ジルにチャンスがめぐってきた。レストラン・オハラという店のマダムの紹介で、レコード・プロデューサーと会いオーディションを受けることになったのだ。ジルは審査員たちの心を魅了した。マイクはジャックから、ジルは親も認めた婚約者だと告げられ身をひく決心をする。ジルはマイクに歌手としての晴れの舞台に一緒に行って欲しいと懇願するが、マイクは今の暮しを捨てられないと断る。ジルはマイクと歌の間で悩む。そんな時、マダム・オハラがジルの母親であることが判明した。マダムは昔、歌手になるために夫と子供を捨てたのだった。マイクはジルのためにチンピラとケンカし、街を追放されることになる。そんなマイクの前にジルが現われ、二人は一緒に旅立っていく。

作品データ

製作年 1985年
製作国 日本
配給 東宝東和
上映時間 101
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

プロデューサー 菅谷覚
制作コーディネーター 間宮武美
原作 長沢岳夫
脚本 河野洋川崎良久野麗
監督 木村俊士
アニメーション監修 ひこねのりお
オリジナル・キャラクターデザイン ひこねのりお
アニメーション監督 永丘昭典
撮影監督 八巻磐
作画監督 鈴木欽一郎
音楽プロデューサー 若松宗雄
音楽制作 サンミュージック
音楽監督 松任谷正隆
音響監督 明田川進
アニメーション制作 アニメーション・スタッフルーム
主題歌 松田聖子

キャスト

マイク 佐藤浩市
ジル 鶴ひろみ
マダム・オハラ 藤田弓子
ジャック 奥田瑛二
ボブ・アダムス ケーシー高峰
スーザン 増山江威子
図書館長 久米明
ドクター・モウ 鈴木瑞穂
トム 九代目林家正蔵
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/18更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > ペンギンズ・メモリー 幸福物語