映画-Movie Walker > 作品を探す > ワイセツな女 黒い肌に泣く

夫の出張の間に、黒人との肉欲に溺れていく新妻の姿を描く。脚本・監督は「愛獣 熱く凌す」の和泉聖治、撮影は「ニャンニャン娘」の佐々木原保志がそれぞれ担当。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

結婚一年の新妻、久美子は夫が三日間の出張に出たので、学生時代の旧友、風子と会った。二人は立川のディスコに行き、そこで三人の日本人青年に襲われそうになる。風子は久美子に近くに住むビルという黒人を呼びにやる。ビルは友人のリックと現れ、三人組を叩きのめす。四人は風子のマンションに行く。ビルと風子はすぐに体を重ね、リックも久美子をもとめるが、激しく拒否する。しかし、ビルと風子の喘ぎ声に興奮して、いつしかリックを迎え入れ、恍惚の淵に身を委ねた。久美子はリックと二度と会うまいと思うが、あの快感が忘れられず、再会すると激しいセックスに溺れた。やがて久美子は妊娠していることを知り、荘然とする。ある日、風子から電話が入り、ビルとアメリカに行くことを聞かされる。夫のシャツをクリーニング屋に取りに行く途中、心は大きく揺れた。白いシャツが手からすべり落ち、車に踏みつけられて黒く汚れる。久美子は寂しげにほほえむ。そして、リックの部屋に行くことを決心する。崩れかけたアパートの階段を昇り、部屋の前に立つと、わずかな隙間から、リックと白い女体がからみつくのが見える。久美子の心は底なしの沼のように深く沈んでいく。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 1985年
製作国 日本
配給 にっかつ
上映時間 61
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 和泉聖治
プロデューサー 木俣堯喬
脚本 和泉聖治
撮影 佐々木原保志
音楽 新映像音楽
美術 衣恭介
編集 菊池純一
録音 ニューメグロスタジオ
スチール 津田一郎
助監督 西沢弘巳
照明 磯貝誠

キャスト

朝倉久美子 麻生かおり
朝倉文男 みやけ充
風子 中川みず穂
恵美 南もも子
ビル ビル・ドロシー
リック ジャン・スミス
横田 牧村耕二
若者A 松井功
若者B 彦坂義則
若者C 中道富士男
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
劇場版おっさんずラブ LOVE or DEAD
劇場版おっさんずラブ

男性同士のピュアな恋模様を描いた人気TVドラマ「おっさんずラブ」のその後の物語

台風家族
台風家族

草なぎ剛主演で10年ぶりに集まった兄弟たちが繰り広げるある真夏の1日の騒動を描く

人間失格 太宰治と3人の女たち
人間失格

小栗旬が太宰治を演じ、小説「人間失格」誕生にまつわる物語を蜷川実花監督で映画化

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > ワイセツな女 黒い肌に泣く