TOP > 上映中の映画作品を探す > イヴの濡れてゆく

マネキン人形のアルバイトをする娘と、彼女に恋する郵便局員の姿を描く。脚本は「スチュワーデス・スキャンダル 獣のように抱きしめて」の渡辺寿、監督はこの作品がデビュー作となる村上修、撮影は「初夜の海」の野田悌男がそれぞれ担当。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

桃は夕方からショー・ウィンドーの中で、人形に混ってマネキンのバイトをやっている。その桃に、郵便局員の梶が人形と信じて恋してしまい、毎日、店の前にやって来る。梶に思いを寄せるOLの比呂美は、モーションをかけても見向かない彼を、酒で酔わして強チンしてしまう。その夜、梶は桃と夢の中で関係をした。梶に関心を待った桃は、彼の前に姿を現わし、やがて二人は同棲生活に入る。しかし、気ままな桃は旅芸人の腹話術師の井上とドサ回りに出ると言い、梶も有給休暇を取って同行した。だが旅先ではアシスタントを務めた桃が人気者になってしまう。ところが、ここでも桃は帰りたいと言いだし、井上と梶を困らせる。仕方なく梶が桃の代りをすることになる。桃は梶に愛撫をしてステージに送り出すと、二度と二人の前に現われることはなかった。

作品データ

製作年 1985年
製作国 日本
配給 にっかつ
上映時間 64
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

プロデューサー 沖野晴久
企画 半沢浩八尋哲哉
脚本 渡辺寿
監督 村上修
撮影 野田悌男
選曲 佐藤富士男
美術 坂口岳玄
録音 福島信雅
照明 木村誠作
スチール 井本俊康
編集 川島章正
助監督 池田賢一

キャスト

イヴ
中村好男
比呂美 大川かつ子
理恵 木築沙絵子
井上 鶴岡修
初老の紳士 大木史朗
郵便局員 キャベツ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/28更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > イヴの濡れてゆく