TOP > 映画作品を探す > 団地妻 肉体地獄

夫が出張がちで、寂しさから売春に走る団地妻の姿を描く。脚本は「女子大生温泉芸者」の池田正一、監督は「秘色リース妻」の白井伸明、撮影は「猟色サロメの唇」の鈴木耕一がそれぞれ担当。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

団地妻、倉持里美は夫が出張がちのために寂しい毎日を送っている。ある日、里美は派手な身なりの友人、清子に会い、夫の年収を自慢する彼女の豊かな暮らしぶりに圧倒される。里美は、隣りに住むギャンブル狂の夫を持つ美佐とため息をつくのだった。数日後、里美はかつての恋人草間と出会い、孤独な生活に耐えかねて、関係を結んでしまう。その日から、里美は草間の電話を待つようになるが、実は、彼は売春斡旋を商売にしていた。そして、里美は草間にだまされ、客をとることになる。やがて彼女は肉体を金に換えることに快感を覚えるようになり、サラ金の取りたてに悩む美佐も売春に誘った。ある日、里美は客を取る清子を目撃する。彼女も、実際には金に困っており、売春をして見栄を張っていたのだ。その清子は、事務所を通さずに客を取り、リンチを受け、無惨に犯されてしまう。また、美佐は夫が彼女の売春を黙認していることを知り、無理心中を図る。一方、里美は人間が変ったような輝きはじめる。久しぶりに草間と体を重ねた里美は、行為のあと「草間さん、お金まだもらってないわ」とサラリと言ってのけた。里実はこのとき、はじめて自由になれたのだ。夫の出張を見送ると、彼女の部屋の電話がまた鳴りはじめる……。

作品データ

製作年 1985年
製作国 日本
配給 にっかつ
上映時間 62
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

プロデューサー 川崎軍二
企画 栗原いそみ
脚本 池田正一
監督 白井伸明
撮影 鈴木耕一
選曲 松本千之
美術 川崎軍二
録音 山崎新司
スチール 野上哲夫
編集 菊池純一
助監督 廣西眞人

キャスト

倉持里美 黒木玲奈
坪内美佐 志水季里子
坂井清子 丘ナオミ
芳江 淡島利菜
坪内昭平 谷本一
草間 志賀圭二郎
安城 佐竹一男
昌彦 佐々木慶太
岸本 花上晃
中年男 野上正義
大男 丸山恵介
男A 城海峰
男B 伊藤克彦
倉特大介 江口高信
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/10更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > 団地妻 肉体地獄