男はつらいよ 寅次郎真実一路|MOVIE WALKER PRESS
MENU

男はつらいよ 寅次郎真実一路

1984年12月28日公開,107分

人妻に想いを抱く寅次郎の姿を描く「男はつらいよ」シリーズ34作目。脚本は「男はつらいよ 夜霧にむせぶ寅次郎」の山田洋次と同作の朝間義隆の共同執筆。監督も山田洋次、撮影も同作の高羽哲夫がそれぞれ担当。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

秋のある日、とらやでは一騒動が持ち上がっていた。裏のタコ社長の娘・あけみが、夕食のおかずのことで夫婦ゲンカして実家へ舞い戻ってきたのだ。そんな騒ぎの中、旅から寅次郎が戻ってき、たらまちタコ社長といつもの大ゲンカになってしまう。とらやを飛び出した寅次郎は、上野近くの焼き鳥屋へ行き、そこで知り合った富永健吉にごちそうになる。富永は証券会社に勤めるサラリーマンだった。ごちそうになりっぱなしじゃ申し訳ないと、後日、寅次郎は彼の会社を訪ねた。その晩も二人は例の焼き鳥屋で一杯飲んで、すっかり意気投合。酔った寅次郎は茨城県牛久沼の健吉の家にやっかいになる。翌日、彼が目を覚ました時は、もうすっかり日が高くなっていた。寅次郎が壁にかかった北原白秋の色紙をボンヤリ眺めていると、後ろで健吉の妻・ふじ子の声がし、その清楚な美しさに、彼は見惚れてしまった。健吉は七時半から会議だといって、朝六時に出て行ったという。数日後、寅次郎は再び牛久沼を訪ねた。が、ふじ子の様子がおかしい。健吉が先週の金曜に家を出たっきり帰ってこないと言うのだ。何かあったらすぐ連絡しろよと言い残し、寅次郎は牛久沼を後にした。とらやに戻った寅次郎は、占いで健吉が北海道にいると出たから、探しに行くためにお金を借してくれとまた騒動を起こす。ふじ子が息子の隆を連れてとらやを訪ねて来た。二人を慰めようとする寅次郎の考えだった。とらやの人々に囲まれて、久しぶりにふじ子に笑顔が戻った。ふじ子と隆を送って行く道すがら、これからも相談相手になってほしいと言われた寅次郎は、有頂天になり、頼もしげにうなずくのだった。ある日、健吉を彼の故郷・鹿児島で見た、と耳にしたふじ子は東京を発った。それを知った寅次郎も後を追う。二人は健吉の行きそうな所をあたるが、見つけることはできなかった。柴又に戻った寅次郎は、ふじ子に恋をしている自分に気づき思い悩んでいた。もし健吉が戻らなければ、ふじ子と夫婦になれるかもとまで考え、自分の醜さに耐えきれず旅に出る決心をする。そこに不精ヒゲをはやした健吉が現れた。寅次郎は彼を叱咤し、牛久沼に連れて行く。そして、いつ帰るとも知れない旅に出た。

作品データ

製作年
1984年
製作国
日本
配給
松竹
上映時間
107分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.5
  • 晴耕雨読

    5
    2009/8/13

     経済大国日本のGDPが未だ世界第二位だった頃の物語。寅次郎は例によって、テキヤ稼業の流転の旅から故郷の葛飾柴又に戻って来て、一騒動をした挙句に拗ねた寅次郎は上野界隈の焼き鳥屋で、エリートビジネスマンの富永健吉と意気投合して、二度目は自分がオゴルという約束をする。富永は八重洲の証券会社に勤めるサラリーマンだったのですが、毎日の仕事によって精神的に追い込まれていたと言う設定です。

     皆さんも通勤電車の逆方向に、ふらりと乗ってみたいと思ったことはありませんか、私はルーチンワークとなってしまった自分の仕事にやりきれなくなって、一回だけ、がら空きの下り電車に乗ったことがあります。GDP世界第二位のエリートビジネスマンと賞賛されても、殆どのビジネスマンたちが買えるマイホームは物語のような首都圏から遠く離れた、茨城県牛久沼のようなベッドタウンの建売住宅が精一杯。30年ものローンを払い終える頃は、住宅はボロボロで改築を余儀なくされます。富永のマイホームも牛久沼にあります。猫の額のような土地に30坪足らずの木造二階建て住宅。一方の寅次郎の妹夫婦は証券会社ほどの給与は望むべくもありませんが、夫の会社への通勤時間は5分もあれば到着しますし、マイホームも富永のものと左程変わりません。朝食、夕食を家族全員で取るさくらの家族は昼食は「とらや」のおじちゃん、おばちゃんを囲んで、時には夕食も長男を入れて大家族で取ります。

     「男はつらいよ・寅次郎真実一路」は富永の失踪によって、最初の同情が恋愛感情に変わり、富永の妻「ふじ子」に淡い想いを抱く寅次郎の姿を描くシリーズ34作目です。フロイト心理学の「夢判断」にも「故郷」の夢を見るときは、自分の仕事にやる気が起きない。これからの人生をどう過ごしていいのか解らなく、ただ漠然と日々を過ごしている人生の停滞期のような状態にあるときだそうです。…「真実一路の旅なれど 真実、鈴ふり、思い出す。」(北原白秋「巡礼」より)……但し、「男はつらいよ・寅次郎真実一路」は、田坂具隆監督の「真実一路」のような悲劇でエンディングを迎えることはありません。私は「真実一路」と言う言葉は「寅次郎」に贈る言葉でありながら、富永のような生活を送る全ての会社員にも贈る山田洋二監督からのメッセージだと解釈しています。夢や希望、目的を持って歩き始めた人生と言う名の旅。長い旅路の道程において、自分を見失なったり、道に迷うこともあるだろう。そんな時は、鈴を振って自分の気持ちを一旦落ち着かせ、初心に立ち返ってみよう。

     山田洋二監督がマドンナに二回起用する女優は、監督自身が、その女優に対して仄かな恋愛感情を抱いているのではないか?…などと下賤な疑惑を抱いてしまいますが、本編での大原麗子の登場の仕方は劇的でした。彼女が亡くなってからビデオコレクションで確認するように観たのですが、なかなか登場してきません。映画中盤あたりから、電話の声で登場させます。聞き覚えのあるハスキーボイスはセクシーでもあり、男心を惑わすように甘美な余韻を残します。映画も見事な余韻を残してエンディングを迎えますが、高度経済成長をひた走った時代の産物がラストで描かれています。それは田舎の駅舎の待合室で一泊した寅次郎とその仲間が、朝起きて電車を待っているシーンですが、駅のホームの下には枕木しか残っていないのです。レールは全て撤去されてしまっているのですから、何時間、電車を待っても来ない筈。日本を世界第二位の経済大国にまで押し上げたジャパニーズ・ビジネスマン。八重洲の本社で自分の命を削りながら熾烈なビジネス戦争最前線を戦い抜くか、それとも住職接近の牛久沼営業所で人生をエンジョイしながら仕事も頑張るか、その選択をじっくり考えるきっかけにもなる映画です。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • UE 

    5
    2007/1/2

     少し、ネタバレ的な要素が入ってしまいますが、ご勘弁のほどを。

     本作品は、いつもと違い、人妻に恋するものです。しかし、決して一線は超えない。恋心を抱くことすら「醜い」と責める。そういうストイックな寅さんは、変わりありません。

     大原麗子の演じる大手会社の課長の奥さんにほれてしまう。しかし、そういう邪まなことが大嫌いな寅さんなのです。しかし、声からして大原麗子が色っぽいですね。

     牛久沼に夢のマイホームを買った課長さんのストレスも身につまされます。

     本作品は、人生に使える言葉が出てきます。

    奥さん:「寅さん、奥さんによろしく。」
    寅さん:「そういう面倒なものは持ち合わせておりません。」

    おいちゃん:「第一、どうやって食っていくんだよう。」
    寅さん:「腹は、すかない。」

    寅さん:「俺は醜いんだよ。」
    博:「己を醜いと悟ったものは、もう醜くありません。」

     特に、最後のフレーズは、後に満男に伝授する言葉です。

     単なる喜劇でなく、人生で使える言葉が満ちている。そういうシリーズなのです。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告