映画-Movie Walker > 作品を探す > スケバン株式会社 やっちゃえ!お嬢さん

スケバンをビジネスにしてしまう3人のネアカ非行少女を描く。脚本は「宇能鴻一郎の濡れて打つ」の金子修介、監督は「赤いキャンパス 狂った放課後」の小原宏裕、撮影も同作の森勝がそれぞれ担当。

この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

高校3年生の笙子、知子、1年生のナミの3人はスケバン株式会社を設立する。まず、暴走族のケンカの仲裁で仕事は順調にスタートした。さらに、スケバンとは関係のない、風俗嬢を斡旋しろという依頼が熊笹組の竜より入り、バージンだった知子は手っ取り早く棄てるために個人で受けてしまう。次はヤクを運ぶドでかい仕事だ。ナミが指定の場所に行くと、なんと、中学の同級のジローが熊笹の使いでやってきた。2人はレンタル・ルームでドッキング。実は、ヤクの運びを依頼したのは熊笹組と対立する打本会の影山で、熊笹を撲滅するためにヤクに見せかけ時限爆弾を仕掛けたのだ。そこへ竜が現れ、様子を見ていた影山はジローの車で逃げだした。車には爆弾があり、影山が打本会に着くと同時に爆発してしまう。打本会を倒し、ゴキゲンの女親分絹枝は、組を継ぐ息子の健が童貞で軟弱なことから、3人にセックスと暴力を使いこなせるよう鍛えてもらうことにする。知子やナミがどう頑張っても健はボッキしない。そこへ、松葉杖の影山がやってきて、笙と健を連れ去ってしまう。爆発のショックで立たなくなった一物を立たせるためにシロクロショーをやれと言う。機関銃を乱射する中で、2人は体を重ねる。健は見事にボッキ、純愛路線風に重なる美しい姿に感動した影山はぐったり倒れこみ、成仏してしまう。熊笹組3代目襲名の日、すっかりふっきれた健が中央に坐り、マシンガンを持って現れた笙子の姿に、絹枝は引退を決意する。残った2人が会社を運営し、その名は全国にとどろいた。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 1984年
製作国 日本
配給 にっかつ
上映時間 65
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 小原宏裕
プロデューサー 村井良雄
脚本 金子修介
企画 半沢浩八尋哲哉
撮影 森勝
選曲 細井正次
美術 沖山真保
編集 鍋島惇
録音 佐藤富士男
スチール 井本俊康
助監督 金子修介
照明 木村誠作

キャスト

笙子 関根律子
知子 木築沙絵子
ナミ 北原ちあき
安田裕治
益富信孝
ジロー 丸山保正
絹枝 藤ひろ子
山下 伊藤正彦
影山 影山英俊
暴走族A 小島康裕
暴走族B 秋吉信人
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > スケバン株式会社 やっちゃえ!お嬢さん