TOP > 上映中の映画作品を探す > 海底のヴィーナス

「海底の女王」「神の娘」等と同じくアネット・ケラーマンの水泳を見せる映画である。アリス・チャーボネットの原作及び脚色、ジェームズ・サリヴァンの監督になった。プリズマ天然色で撮影された海底の場面が美しいそうである。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

南の海のはてにあるマネアという孤島に「人魚」と呼ばれる乙女ショーナは、真珠採取を業とするジョン・ローエルを父として、海に戯れ山に遊ぶ長閑な日を送っていた。彼女はこの島へ来た青年ロバートと恋し合ったが、彼の船が出発するので2人は別れねばならなかった。父が死んだ後原住民に追われて、ショーナは真珠の箱を抱えひとり木舟に身を託して大海へ漕ぎ出したが、再びこの付近へ来たロバートのために救われる。その船の船長ドレークはショーナの父の旧友という仮面を被って、彼女の真珠を奪うと悪計を回らし、ロバートを水中に投じたが、ショーナは水中で悪人と猛烈な格闘をして、遂に悪船長は綱が切れて自滅する。かくして2人は静かに眠る南海の月を前に、恋を囁く身とはなった。

作品データ

原題 Venus of the South Seas
製作年 1924年
製作国 アメリカ
配給 イリス商会
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

キャスト

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/23更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 海底のヴィーナス